前のページに戻るにはブラウザの「戻る」ボタンを使用して下さい。

・プロテクト誤爆の実際 (2001/7/21)

 

 最初の生贄はコイツ。「いつか見たマーメイド」(ムー一座/artifact)

 

 Philips CDD-4401 に製品 CD-ROM を挿入。(ストロボ焚き忘れました。暗いのはご勘弁)

 

 ソフトを起動した結果がコレ。もちろん他のドライブには何も入ってません。ここで「キャンセル」して他のドライブに製品 CD-ROM 入れてソフトを起動すると、今度は IDE バスをロックしたまま帰って来ません。リセット以外に方法が無くなります。ちなみに elf さんが最初で最後に同種のプロテクトを採用した「ビ・ヨンド」では「不正なCDです」と正規ユーザに対して大変失礼な表示をしました。

2001/7/24 追記--------

 artifact さんから連絡。

 この、Guard-Disc Mode Selector(製品添付)で Aspi-Layer Use に変更して下さい、とのこと。変更後は起動することを確認しました。

追記ここまで--------


・試験環境(2001/12/2 検証機と常用機分割

自作機(誤爆検証機)
CPU K75 Athlon700MHz(AMD)
M/B GA7VX(GIGABYTE)
MEM 512MB
NIC EthrExpress(INTEL)
S/C SoundBlasterPCI(OnBord)
M/B South
 DiamondMax80 (Maxtor) 40GB
 DDU220E(SONY)
 SD-M1402(東芝)
 GD-3000(日立)
INIC-940(initio)
 PX-32TS(PLEXTOR)
 PXW-8220(PLEXTOR)
 CDRW-S4432(MELCO)
 CD-R50S(TEAC)
 CR-508-B(松下)
OS WindowsMe

自作機(常用機
CPU AthlonXP1500+(AMD)
M/B GA7VTXE(GIGABYTE)
MEM 512MB DDR
NIC EthrExpress(INTEL)
S/C Xwave6000(YMF744-YAMAHA)
M/B South
 ST380020(Seagate) 80GB
 DiamondMax80 X3(Maxtor)各 60GB
Ultra100(PROMISE)
 UCR-412(KENWOOD)
 CDD-4401(Philips)
IFC-WSP(MELCO)
 CRD-BP2(三洋)
 SD-M1401(東芝)
OS Windows98SE

尚、ドライバ、ファーム等は現時点で入手できる最新版を使用しています。また、記載が無い限り一方で発生した不具合はもう一方でも再現することを確認しています。

 

 ウチで誤爆が確認できたタイトルは以下随時追加していきます。リンクとか一切制限しませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。又、画像ファイル名は変更される可能性があります。

The person who wrote:凧

玄関へ