前のページに戻るにはブラウザの「戻る」を使用して下さい。

・愚痴(適当に思い付きで更新・かなり本音スレスレです、多分に気分を害する恐れがあります)

 

2002/6/2

 コピーコントロールされた謎の円盤に対して、カシオさんも再生、音質の保障をしない旨発表されてますが、何故にカシオさんの記事だけ殊更大きく扱われるのか少々疑問に感じてみたり(参考リンク参考リンク)。カシオさんに限らず、ほとんどの再生機器メーカは保障をしていませんし(参考リンク)。

 利便性が下がらず不具合の起きないプロテクションなら殊更反対する理由は無いんですよ。それができていないから文句垂れてる訳で。正規ユーザがより利便性の高い手段を講じようとするのは、すなわち現状の利便性が劣ることの現れです。それを改善しようとせず更に利便性の悪化をもたらす手段の行使に反発がでるのは考えるまでもないことです。

 

2002/6/1

 昨日書いた通り秋葉原行って来ました。で、書いた通りオーディオ系の物色を行ったんですが、なんせ私のターゲットが数十万円規模の機器だけに取扱っている店やそのスペースの減少は目を覆うばかりに...出物が有ったら今日買ってしまおうと思っていたんですが、絶対数が少ないので出物には出会えず。まぁ、資金的にはかなりキツかったので来月ってのは予定通りではあるんですが。

 何せパソハード、ソフトとは単価が異なるので、来月まで無駄遣いは一切できません。こんな私に今月ソフト買わせるだけの魅力あるタイトル、出ます?

 ...DVD-Video 通販で \30k ほど余計な出費してるは秘密(笑)。

 

2002/5/31

 leaf さんから痕リニューアルが発表されましたが...あー...いや、マジにコメントできませんわ ...

 明日は秋葉原予定。目的はボーナスを見据えてオーディオ関係の物色。ソフト購入の予定はありません。

 

2002/5/30

 日本レコード協会と ACCS さんがファイル交換の実態調査と称するものを発表していますが(参考リンク)。ただ、このドンブリ勘定っプリは如何なものかと。数字に信憑性が無いと正しい判断が行なえません。そもそもアンケートに基づき割合を算出しているようですが、基本的にアンケートは設問の仕方で同じ内容でも簡単に数字が変わります。

 

2002/5/29

 SONY さんが CD-ROM のプレス後に個別 ID を埋め込むサービスをアナウンスしました(参考リンク)。上手く使えば誤爆の無いプロテクションとして利用できるか、とも思いましたが、問題は現状ユニークな ID を埋め込むには短い byte 数と、プレス後に焼き込む(CD-ROM はプレスと接着で生成されるので製造過程でユニーク ID 挿入は難しい)ために大量生産物には向かないってことでしょうか。

 東芝 EMI さんが発表したコピーコントロール円盤についてのリリースを、AV Watch さんが専用リンクページに掲載しました(参考リンク)が、以下の部分で紹介されているハードメーカがコトゴトク無保証を宣言している最上部に掲載されている様は、ある意味惨いな、と思ったり...

 

2002/5/28

 ちょっと採点気分 => http://htmllint.itc.keio.ac.jp/htmllint.html

 ...あー、観なかったことにして良いですか? マイナス付かないだけマシでしょうか。と言いますか、ほとんどビルダーの吐き出すタグチェックの様相を...

 

2002/5/27

 leaf さんの「うたわれるもの」の誤爆サポートを待っている方がいます。予め誤爆を予見していたにも関らず、実際の対応は非常に遅いとのお話しです。コピーコントロール円盤もそうですが、正規に購入しているユーザにだけ迷惑かけて、一体どう言うつもりですか? と、このサイト立上げた当初から述べてるセリフをまた繰返さねばならないんですが。

 

2002/5/26

 エロゲープロテクト情報さんのリンクアドレスを修正しました。掲示板の復活が待ち遠しいところですが...

 そー言えば。このサイトが何故に「〜会」へこだわっているのかと申しますと、org ドメインを取ってしまいましたので、ええ、非営利団体っぽく。org なのは広告を置かない意思表示も兼ねて。

 

2002/5/25

 昨日一昨日と随分アクセスが有りまして自分でも少々驚きましたが、流石に今日は落着いたようです。コッチまで観てくれてる方がどのくらいいらっしゃるかは判りませんが、まー大体いつもこんな調子ですんで、宜しければお付き合い下さいませ。

 

2002/5/24

 メジャーレーベルがピュアな MP3 形式で楽曲のオンライン販売を行なうって記事が出てて、一曲のみであり、しかも欧州と合衆国のこととは言え少々驚きました。更に ¢99。

 国内レーベルでも本気で音楽のオンライン配信を行なうつもりがあってこれくらいのサービスを提供する気概があるなら諸手を挙げて応援しますよ。誤爆するプロテクションやらコピーコントロールされた謎の円盤よりもはるかにユーザの方を向いていますし、それが感じられるなら全力で支持します。ま、この事例の実際はアルバムのプロモートの一環ではあるんでしょうけどね、それでも支持できると思うのは私だけではないでしょう。

 自分が支持できるものにはどー考えてもそれほどの価値はないと思っているモノでも \9.3k 振込み手数料別を出せたりするんですから(笑)。

 取敢えず廃盤になった楽曲からでも始めませんか? > 国内レーベル各社

 

2002/5/23

 コピーコントロールの方はそれなりに反響が大きかったようで、何よりです。やってることはパソコンソフト用プロテクトでの誤爆の場合と同じです。私としてはコピーコントロール円盤だからと特別な事をしている訳ではありません。ウチのプレーヤでトラブらなかったらコピーコントロールの無力さを説く記事になっていたでしょうけど(笑)。

 

2002/5/22

 当初は「プロテクト誤爆被災者の会(仮)」内へ追加するつもりでしたが、需要が見込める(?)のでコッチにもリンク貼っておきます > コピーコントロールの弊害

 

2002/5/21

 今日の凧行動。終業後。

 avex さんへ TEL。コピーコントロールな謎の円盤でプレーヤがイヤな挙動を示す報告且つ質問。興味深かったのは、割とひっきりなしに同種の電話がバックでかかってきていたこと。

 私 「このテの問合わせ、多いんですか?」
 係員「ええ、多いです...」

 ん? 公式発表と少々異なってますね。

 その後国民生活センターへ謎の円盤についてフォームから投稿。
 そのお返事。自動返信。

 更にここの原稿用に CD プレーヤでの動作音を録音。録音中にヤカマシイ原チャリが通ってキレそうになること2回(笑)。今週末までには公開します。

 取敢えず、声を出さなければ何も変わりませんからね。

 

2002/5/20

 証拠の提示が無いので真偽の判断は棚上げします。

 アナログファクトリーさんの「タドコロニッキ」5月20日 参照。

 

2002/5/19

 拙宅は近所に専修大学があるせいでしょうか昼間は微妙に雑音が多く、機器の録音には余り向きません。以前ドライブの動作音を録音した時は深夜にやってました。さて、謎の円盤。何時になるやら...(おい)

 

2002/5/18

 続報。昨日の段階では「取扱いできなくなりました」と記載していたげっちゅ屋さんですが、文言が「注文受付けを停止しています」に変化していますね。まだ事態は流動的、と言うことでしょうか。

 コピーコントロールな謎の円盤ですが、証拠の提示方法に頭を悩ませています。やはり実際に動作音を録音して提示するしかないんでしょうけどね、その場合再生音を入れるべきか否か、入れるとしたらどのくらいなら「引用」として適正か等。

 

2002/5/17

 アナログファクトリーさんトコの「実姉妹」。昨日からなかなかダイナミックな動きを示しています。まず、昨日突然にげっちゅ屋さんが取扱い開始の告知、実際に Web 上で予約を受付けていました。それを受けてアナログファクトリーさんが不測の事態に備えて公開を控えていた他の取扱い店舗の公開を検討。ところが今日になって一転、げっちゅ屋さんが取扱いを中止。アナログファクトリーさんの方では今のところげっちゅ屋さんを含んだ形で取扱い店舗数店が公開されています。

 さて、田所氏の「タドコロニッキ」によると、昨日のげっちゅ屋さんの告知以降、本格的妨害工作が始ったと書かれています。ことの真偽は別として、田所氏が情報を殆ど隠蔽しないと思わせる方針を取り、妨害工作の単語が綴られているその日にげっちゅ屋さんが方針転換。第三者的視点では、コレは本当に妨害工作が行なわれていると思わせるには充分な状況です。

 さて、この場合妨害工作を行なうと思われるのは、直接名指しこそされていないものの某組織しか考えられない訳なんですが、本当だと仮定するとやり方が非常に拙いと思われます。同じような状況は以前 Sogna さんが脱会した時にもありましたが、情報の即時性の面で当時とは比べ物にならないものがありますし、仮に妨害や圧力をかけたことが立証されてしまったら法的にも不利です。アナログファクトリーさんが動かなくても公取委が動く可能性も有り得ます。

 ま、全ては仮定の話なんですけどね。

 ただ、ユーザは観ていますよ。あまりみっともないマネは謹んで頂きたい所です。

 

2002/5/16

 PS2 用オンライン専用ゲーム FF11 が発売されて、さっそく登録や ID 発行サイトが混雑して繋がらない状態だとか。私は判っていながら同じミスを2度することを極端に嫌いますが...アンタら何度目ですか?

 ま、真面目に数万人規模のオンライン処理を行なおうとした場合、それを一個のデータベースで賄うことはインフラやそれを維持するコストの面からもほぼ不可能なんですけどね。それこそ P2P を使用して諸々の負荷を各クライアントに分散し、参加者が増えるほど負荷が軽くなって行くような仕組みが必要でしょう。そー言った面から観ても、たかが音楽業界のエゴだけで P2P の芽を潰してはならないんですよ。

 

2002/5/15

 旧 FORESTER さんは、私が殆ど唯一 DVD-ROM へのメディア移行を切望しているメーカさんなんですが、今度初期作品の「EDEN」をソフ倫の言う DVD-PG(ディーブイディープレイヤーズゲームと発音するそうな)でリリースするそうです。DVD-Video フォーマットを使ったゲーム。確かにメディアは DVD ですが、私の希望する方向性とは少々違う訳で。ここの作品はほとんどがムービーをふんだんに使った分岐ゲームで、確かに DVD-PG には向いていると思います。が、その多くはメディアの容量不足に起因するであろう説明不足・話が短いと言った欠点を抱えており、パソコンゲームとしてのシステムを余りいじることなく DVD-ROM 移行による大容量化でその欠点を払拭して欲しかった、と言うのが私の求めていたものでした。

 ブランド名を FORTS さんへ変更してリリースされた「ファーストアンカー」ではHシーン以外のムービーを排し、結果的に CD-ROM 1枚へ納めることに加え物語もそれなりに語ることに成功しています。しかし、キャラクターへの感情移入という点では確実に後退をしており、私の評価ではそのことによるマイナスの方が大きくなってしまいました。ままならないものです。

 尚、CD-ROM から DVD-ROM への移行に関しては私の視点で容量以外の請求点が見付からないので、CD-ROM 3枚以内の容量で事足りてしまう作品についてはその必要性を感じていませんし、仕様が同じなら実際 CD-ROM の方を購入しています。

 

2002/5/14

 CD-M2 が復活してから録音状態の良い CD 聴き直していたりするんですが、そーゆーことしてるとオーディオの虫が疼いていけません。オーディオはパソ以上に基本的には金持ちの道楽です。特に自作パソなどは月々数万円の予算でコツコツ没入、割と気軽に、無理の無い小遣いの範囲でグレードアップを図れますが、今のオーディオの世界でそれができるのは真空管アンプやケーブル類くらいでしょうか。故長岡氏のようにスピーカの自作まではなかなかできる物ではありません。給料のほとんどを趣味に注ぎ込めた若い頃ならともかく、結局システムコンポーネントの機種選びくらいしかすることは無いのですが、それでもそーやってカタログ眺めている間が一番幸せなのかもしれませんね。現実を考えるとそんな資金をどこからひねり出せと? と寂しくなりますから...

 あー、なんだか久々にホンモノの愚痴だ(笑)。

 

2002/5/13

 あー、えーと、アナログファクトリーさんの「実姉妹」の入金をして来ました。以上、今日の出来事でした...あー。

 

2002/5/12

 そんな訳でモータ駆動用ベルトその他を買って来まして、CD-M2 を一ヶ月ぶりに復活させました。で、早速コピーコントロールな謎の円盤 al di la(H∧L)を入れてみましたが。一応演奏はOK。音質は...コピーコントロール以前の問題ですね(苦)。こんな低帯域で完結している音で音質を語ろうなんてのが間違いです。一応再生システムは

 CD-M2 => AU-アルファ907(SANSUI) => DS2000(DIATONE)

 のオールバランス接続で聴いています。

 結局拙宅の「CDプレーヤ」では

・CD-M2(マイクロ精機):再生可
・PMC-303(ラジカセ・SONY):再生可
・D-303(ディスクマン・SONY):難有り

 と言った結果に。D-303 での「難有り」の詳細は近日中にまとめて公表します。

 

2002/5/11

 メンテ終了しました。ホントはモデムのファームもアップデートしようとか思ってたんですが、「動いてるシステムに手を出すな」との先人の忠告が頭を過りまして。ある日突然繋がらなくなったら「ああ、余計なことしたんだね」と思ってやって下さい。

 CD-M2 分解中。


 コヤツの側板が M7 なんつー普段使わないサイズの六角で締められていたモンだからワザワザスパナ買って来るハメに。ちなみに、底板とアルミダイカストのフレーム間に銅ダンパー挟んでいたり、基板部を銅板でシールドしていたり、この辺はさすがに高級機。お陰で死ぬほど重たいですが。

 ところで、モータ駆動用のベルト、東京山の手沿線で扱ってる所ご存じの方居ます? 一応明日秋葉に行こうとは思っていますが、手持ちのベルトよりチョイ大きいのを使ってたので合うのが無かったんですよ。メーカが既に...なのでサポートは期待できませんし。いや、永久サポート謳うメーカだったんですが、いくらなんでもメーカ自身が退場されてしまったら、ねぇ(苦)。

 

2002/5/10

 コピーコントロールな謎の円盤を語る為に CD-M2(マイクロ精機)復活作戦を敢行中。20kg を簡単に超える CD プレーヤは転がすだけでもシンドイですわ。ハード的な部分は駆動ベルトがヘタってるだけなのでベルトを交換するだけなのですが、そこに行き付くまでが大変で、工具不足で今日は作業続行不可能に。ついでにヘタってる電解コンデンサも交換しちゃいましょうかね。ウチのオーディオシステムは既に10年以上経過してますから...

 

2002/5/9

 コピーコントロール円盤プチ再生実験ウチの CD-ROM/RW/DVD-ROM ドライブ編。

・完全に通常の 音楽CD と同等に読めたドライブ
 CDD-4401(Philips)
 CDRW-S4432(MELCO)
 UCR-412(KENWOOD)

・一曲めだけそのままでは読めなかったドライブ
 CR-508-B(松下):スキップで戻れば一曲めも再生可
 CRD-BP2(三洋):サーチで戻れば一曲めも再生可(ただし要神業)

・再生しようとすると Windows 道連れでハングアップ
 SD-M1401(東芝)
 SD-M1402(東芝)
 DDU220E(SONY)
 HP9100+(HP)

・データディスクとして認識して再生不可
 GD-3000(日立)

・CD-DA トラックを認識するものの再生不可
 PX-32TS(PLEXTOR):トラックの時間情報までは正しく表示
 PXW-8220(PLEXTOR):全体時間以外は正しく表示できず

 以上はあくまで Windows の CD プレーヤで再生できたか否かです。リッピングの可否では無いのでご注意下さい。


 今週末サーバをメンテします。バックアップとかその他諸々。アクセスできなかったらご容赦下さい。

 

2002/5/8

 最近テキスト量が少ないと感じられている方もいらっしゃったでしょうけど、実は先週末、左中指の指先に回転中のファンのブレードが食い込んでしまいまして、爪の間大出血。治るまでキーボード打ちに難儀していたってのが真相でして。治りましたけど。

 そんなことに関係なく、今週末サーバをメンテします。バックアップとかその他諸々。アクセスできなかったらご容赦下さい。

 

2002/5/7

 とまぁそんな訳で、検証試験の3をアップしました。さて、次はコピーコントロール円盤?

 

2002/5/6

 連休最終日。連休中、なんだかんだネタだけ用意して余りココ系のページを作れませんでしたけど、その辺は追い追いと。

 

2002/5/5

 すみません、今日は来客多数で更新不可です。つーか連休お遊びモード。ので予告のみ。明日か明後日の更新で検証試験その3が追加されます。

 

2002/5/4

 あ、買って来た謎の円盤は H∧L の aldila です。ナイター中継で耳に付いて、これならいいかと(笑)。プレーヤの方は、Discman D-303(SONY)が辛いです。マウントやサーチに随分時間がかかります。音跳びガードも無い普通のプレーヤなんですけどね。再現性は有りませんでしたが、マウントできなかったことも一度。

 

2002/5/3

 コピーコントロールの施された謎の円盤を購入して来ました。取敢えず詳細はいずれまとめますが、取敢えず



 こんな感じで、UCR-412(KENWOOD)にて普通に認識してリッピングできてしまいました。東芝ドライブだとリッピング時にフリーズしましたけど。

 

2002/5/2

 最近、SafeDisc の採用バージョンが下がっていることが気になります。先月中旬以降からリリースされている SafeDisc2 採用タイトルでは 2.3x か、或いはディスクへ物理的に SafeDisc2 を施していてもそれをチェックしていないものが殆どです。木下さんが提供下さっている掲示板でもマクロビジョンさんからモニターの依頼を要請されている方の話もあり、これは誤爆解消へ向けた動きの一環なんでしょうか。昨日報告を受けた Medal Of Honor の事例を追加しましたが、確かに 2.5 以降の誤爆発生報告はシャレにならないものが。

 正規ユーザの利便性を損なわずに誤爆解消が可能であるならその動き自体は歓迎したい所ですが、もっとも、私の求める利便性の範囲はかなり広いので...(笑)

 

2002/5/1

 ONE2 をリリースしている BaseSon さんが所属する ネクストン さんのサポートは、全体的によくやっていると評価しても良いと思います。情報は判明した時点で早い段階から公開されていますし、対応も大変素早い部類に入ります。問題は...各ブランド、タイトルで、初期に発生する不具合が決して少なくないことでしょうか。それはリリース時点での商品の完成度が低いことでもあり、誉められたものではありません。毎回同じセリフで頭を下げるより実績で示しましょう。

 

2002/4/30

 SafeDisc2 の誤爆は、ドライブユニットの機械的な問題も無いとは言い切れませんが、ドライブ側に発症が依存する場合の多くはファーム仕様によると思われます。拙宅の CDD4401(Philips)と CDRW-S4432(MELCO)は同じドライブユニットですけど、CDD4401 の方では SafeDisc2 は通り、CDRW-S4432 はまず通らずフリーズします。また、メーカの方からは IDE の純粋な CD-ROM ドライブでの発症事例は割と少ないと聞いています、多くは DVD-ROM、及び CD-RW ドライブで発症しているようです。

 環境に依存する場合は、ASPI マネージャ等が入れ替わっていたり、仮想CD-ROM ドライブ、パケットライトソフトやライティングソフトのインストールでも発症する場合があるようです。これらの「実用アプリケーション」をアンインストールしてくれと言えるほどの厚顔さを持ちあわせているメーカは少ないでしょうし、それを強弁に主張するところは切るべきでしょう。

 それにしても、SafeDisc2.5 までのユーザ側でできる確実な誤爆対策法が CloneCD でイメージ化して DAEMON Tools でマウントする、ってのも、本末転倒過ぎて苦笑いしか出て来ません。

 

2002/4/29

 あー、一応書いておきますが、直にネタにしていないことからお判りと思いますけど「うたわれるもの」(leaf)は持っていませんので。音声有りで SafeDisc2 採用を知らなかったら買ってたでしょうけど(笑)。インストール時の免責表示とか誤爆疑惑等は報告を頂いたものです。尚、「ONE2」(BaseSon)のように、メディアに SafeDisc2 を施しているのにそれをチェックしていない、それでいてメディアが正常に認識できないとの報告のあるタイトルも見受けられますので、まだ「疑惑」としています。

 

2002/4/28

 某元プログラマ氏は今朝関西方面への帰路につきました。アヤシイお仕事頑張って下さい。

 leaf さんへ物申す・ミニ。

 誤爆対策とは、ユーザの環境へ注文付けて免責事項を書くことではありません。SafeDisc2 で誤爆が発生することも、そしてその対策も事前に把握できていたはずです。今更 SafeDisc に起因する不具合が起こることを知らなかったなどと寝言を発するとは思っていませんが、判っていた以上事前に対策を準備しておくことが最低限必要です。それをしていましたか? この辺のことは leaf さんの対応が判った時点でキチンとまとめます。

 

2002/4/27

 商品を提供する側はそろそろ思い出すべきです。自分達が満足感を売る商売をしていることを。元々客は得られた満足によってその対価を払っていました。いつからですか。供給側が満足の価値を勝手に決め始めたのは。結果、客は最初に対価に見合う満足を期待して商品を購入し、それが見合わないと感じたら厳しい評価を下すようになりました。評価の方法は様々です。叩き壊したり叩き売ったりサイト立上げて酷評してみたり。手間隙お金がかかってます、だから対価を払って下さい? それが私の望むモノではなかったらマッピラ御免です。

 売れる物と良いものはイコールではありません。それは商品と作品がイコールでないことと殆ど同義です。私の琴線に触れればそれはどちらも同じになりますが、何れにしても心情的には後者を応援したいところですね。

 

2002/4/26

 それにしても、昨日の中古合法判決。各メディアの報道に感じる温度差が楽しいです。特に具体名は挙げませんが、譲渡により頒布権が消尽する対象をゲームソフトに限定して、とわざわざ強調して記載してみたり(判決文には「本件各ゲームソフトのような」との記載も有り)、配給制度を採らない映画以外の映像ソースにも頒布権が有るかの如く解説していたり(判決文には映画の著作物のみ頒布権が設定されたのは配給制度が慣行として存在していたこと等の記載しか)、映像コンテンツを抱えるメディア側の、なるべく自分達に波及しないようにとの意識がなんとなーく感じられたりします。判決文は下記参照。

http://courtdomino2.courts.go.jp/judge.nsf/dc6df38c7aabdcb149256a6a00167303/535ba1ace83fb07249256ba6002c89c9?OpenDocument

 それはそれとして、ここ数日某元プログラマ氏が拙宅に滞在しているのですが、この間までいぢめていた対象が横に居ると思いっきり愚痴れないものですね。一昨日くらいからの淡白さはその辺に原因がー、とか。やはりこのテのサイトには黒っぽい、負方向の情念が必要です。

 

2002/4/25

 中古ゲームソフトの最高裁判断。

 審議が行なわれなかったのでメーカ側敗訴は事前に判っていましたが、判決理由をどうするのかは判りませんでした。結果、大阪高裁の示した、ゲームソフトは映画の著作物、適法な譲渡で頒布権が消尽する、との判断を行なったようです。この判断を取ったと言うことは、他の映像ソフトにも波及してしまいます。今まで DVD-Video 等で灰色だった部分がクリアになった意義は大きいでしょう。

 そして、パッケージ等に中古を許可しない旨の記載は基本的に NG となります。せいぜい保障しないと言った程度でしょう。高裁で判決が揃った以降も中古を認めない旨の記載をしているタイトルが観られます。今後対応が必要でしょうね。

 

2002/4/24

 愚痴のネタにはしていますが余り本文で取上げていない音楽用の銀色円盤ですが、取敢えず実験してそれから考察することを前提としている以上、自分で買うか持ってる方から借りるかしないと記事にできないジレンマが有ります。逆に言えば、ここで私に直接スケープゴートにされているタイトルは意図的にせよそうでないにせよ私が実際に購入したと言う時点で購入対象にすらならなかったタイトルと比べて誇って頂いて構いません。偉そう。

 さて、そんな訳で暫くは銀色円盤関連の記事は書けないかなー、と思っていたのですが、最近何となく H∧L の新曲が耳についていけません。ピンチ?

 

2002/4/23

 あー、昨日の愚痴に追加。〜アンインストールまで。ええ、痛い前例もありましたしね。

 CD を謎の円盤に変えてしまおうとしているレーベルさんの中で、少なくとも東芝 EMI さんはアーティストの側にキチンとサンプルを伴って説明をしているようですね。結果、音質劣化を理由に CDS-*00 導入を見送る方も居られるようです。願わくば、ユーザに対してもきちんと説明して欲しいものです。

 

2002/4/22

 各ブランドさんへお願いなのですが、デバッグする場合はユーザへ供給するのと同じ環境で行なって下さい。デバッグ専用環境で行なうデバッグに意味を見出せません。そうすればユーザビリティの低下がいかにプレーに影響するか、実感できると思います。ディスクからのインストールからフルコンプまで。無論採用する場合はプロテクトも有りで。

 

2002/4/21

 雑学な話。

 遠くの景色が霞んで観える「霞」、遠くの風景が朧げに観える「朧」。実は双方とも同じ現象ですが、発生する時間帯が異なるために呼び名が変わります。昼に発生すれば「霞」、夜に発生すれば「朧」。と、取敢えず知ってても実生活では殆ど役に立たないことを書いてみたり。

 

2002/4/20

 ...今月は意図せず2タイトルでリングに当りました。しかもどちらもトラブるし。マウント時に問題となるであろうリングの位置については ED-コントライブさんにも連絡済みですから今後は改善されるのだろうとは思いますが...細かい部分はドライブのロット差や個体差へ完全に依存しますので、同じドライブでも再現したりしなかったりすると思われます。リングが複数本になる ProRing では確率も上昇すると思いますので、リングの配置は慎重にお願いしたい所です。

 メーカさんも採用ソフトには採用している旨パッケージでも何でもどっかに書いといて下さい。
優先順位低い場合は素直に避けますから。

 

2002/4/19

 書いていたようでいて書いていなかったので。

 「ユーザを信用しないメーカは私も信用してあげません。」と中で書いていますが、ユーザを信用していないところを信用して自分の個人情報をこちらから預ける気にはならない、が某ユーザクラブを抜けた理由です。

 

2002/4/18

 国内外の音楽業界は音楽CD売上減少の原因の一つをオンラインファイル交換や CD-R だと主張しているようですが(参考リンク)。いやぁ、この主張に DVD-Video の売上を重ねると面白いかもなぁ、とか思ったり。客の保有している現金に劇的な変化が無い以上、何かが増えれば何かが落込む訳ですよ。その上で著作権ビジネスは競争して行かねばならないことを、理解していないとも思えないんですけどね。

 で、今度は中古CDが悪者(参考リンク)ですか? 少々キツいこと書きますが、カラオケの練習にしかならんよーなCDを量産(無論そんなものばかりではありませんが)しておいて、本や映画は一回観たら終わりで音楽は違う、とは、よく言えるものだと...

 

2002/4/17

 幾度か書いてますが、私は目的が達せられればその過程には余り耽溺しません。逆に言えば、結果が殆ど変わらないのに行なう余計な手間は大変に嫌います。このサイトはそれを遠回しに指摘したいと思っているのですが、体勢に影響が無いのかもしれないと言う意味ではここの存在もそうなのかもしれませんね。もっとも、全く影響が無いとも思っていないのですけど。

 

2002/4/16

 avex さんが5月以降 CD-Extra 以外の全ての円盤に CDS-*00 を施すと発表してますね(参考リンク)。で、東芝 EMI さんも CDS-*00 を採用(参考リンク)。CDS-*00 が CD-Extra に適用できないとは、言われてみれば納得できるんですが(TOC をいじる為)、初めて聞いたときは意外でした。

 以前から書いてますが、ユーザへ不便を強いるに足る効果を上げているとは思えないプロテクションをメーカ側が何のリスクも負わずに導入することに対して何故に納得できましょうか。現状、リスクは全て正規に購入したユーザ側だけへ回されているのですよ。目に観える効果は上がっているのですか? > avex さん

 ...何気に気付いたんですが AV-Watch さんは「コピーコントロール Disc」や「音楽 Disc」と呼称して CDS-*00 採用円盤を CD と表記していません。メーカ自ら CD では無いとし CD のロゴマークを付けていないんですから妥当と言えば妥当な処置ですが CCCD の呼称も使わないとは、さり気なくキツいですね。

 

2002/4/15

 懐ゲームCD話。

 古いCD箱漁っていたら懐かしいモノが出て来ました。

 こんなの。

 左「ナイトストライカー」右「ニンジャウォリアーズ」のオリジナル音源を収録したCD。ゲームはナイストが 1989、ニンウォリが 1987 デスよ。ニンウォリはアーケードでは3面まででした。基本的にコンテニューしない人だったので。ナイストは音楽以外記憶に残っていません(笑)。この頃は基本 FM 音源で貧弱な音なんですが、TAITO さんの ZUNTATA や SEGA さんの SST バンド、カプコンさんの アルフ・ライラ・ワ・ライラ 等、妙に熱い時代でした。

 ちなみに探せば「ダライアス」も出て来ます。

 ...で終わらせるつもりだったんですが、見付けてしまったモノは仕方が有りません。



 上二つは ALICE-SOFT さんから当時のユーザクラブ会員に送られて来た、PC-9801 の FM 音源に落とし込む元となった BGM 曲が収録されたCDです。再販もしていたのでジャケット違いで持っている方も居られるでしょう。下は、当時の NEC アベニューさんからリリースされてたアレンジCDです。アレンジに関して賛否有りましたが、私はそんなに嫌いじゃなかったですよ(笑)。

 

2002/4/14

 一応、水面下では細々やってますが、最近は結果が伴うまで表に出してないので変化が無いように観えますね。ま、それまではマッタリと。

 一つ確実に言えるのは、何も言わなければ、或いは何も行動しなければ何も変わらない、と言うことです。avex さんが円盤のプレスリリースを出したときに、某 Web ニュースサイトの編集部にメールをしたのですが、そのときに、ユーザには買わないと言う最強の選択肢がある、と言った旨のお返事を頂きました。確かにその通りだと思いますし、私自身なるべく実践してはいますが、果たしてそれだけで充分なのかと、正直思います。もっと声を発するべきではないかと思うのですよ。クレーマになれと言っている訳ではありません。が、必要以上に甘やかしたり我慢したりするのもやはり何か違います。と、そんな訳でもっと声を発しましょう。色んなことに対して。

 

2002/4/13

 ビデオ編集ソフト話。

 特に必要ないから、と今まで MediaStudio の5をずっと使っていたんですが、流石に最近は MPEG 系を扱う機会も多くなり、それらが(満足に)読めない書けない現行バージョンでは不便を来すこともしばしば。編集する為に Indeo へ変換すると実時間の4〜5倍くらい待たされますし、無圧縮では容量的に話になりません(HDD 容量ではなく AVI 2GB の壁)。かと言って DV フォーマットはそれこそ容量的にシャレになりませんし。それ以前にウチはアナログキャプチャしかしてませんけど。編集さえ考えなければフリーのツール等でどうにでもなるんですけどね...

 とまぁそんな訳で、MediaStudio の6とか Premiere とかの購入を真剣に考えてる訳ですが。MediaStudio は VE があるのでともかく、パーソナルエディションが入出力フォーマットの貧弱さで使い物にならない Premiere はフルバージョンを考えざるを得ず、価格的にキツいですわ...と言う訳で MediaStudio へ流れているんですが。ただ...編集もできるフォーマット変換ソフトとして考えると、実は VideoStudio の方が強力と言うのは...悩ましい限りです。

 

2002/4/12

 ファイルローグに市販CDから作成された音楽ファイルの差し止め命令二つ目(参考リンク)。

 是非は置いておいて、このテの検索に集権サーバを介するタイプの P2P は潰すよりも取込む方が権利者にとって有益だと思うのですよ。サーバを介さない P2P にユーザが流れてしまった場合、モグラ叩きしか管理(?)する方法は無いですよ。オンライン配信を考えても、サーバや回線のトラフィックや維持費を鑑みるにいずれ P2P に頼らざるを得なくなるはずです。オンライン配信自体をやるつもりが無いなら話は別ですが。まー、根本的な問題として、現行の体制では P2P で収益を得るのは至難の業だとは思いますけどね。

 
体制の方を変革せにゃならんのじゃぁないですか? と言外に主張している訳ですが(笑)。

 

2002/4/11

 パソ話でも。

 今コレ書いてるメイン機ですが、先日マザーと CPU を換装しました。SlotA Athlon500MHz から Duron1GHz へ。MicroATX 機ですからムチャはできません。消費電力や発熱、静音性とのバランスをとってこうなりました。今までメイン機より誤爆検証機の方が高性能だった(検証機は Athlon700MHz)状態がようやく解消できたことになります。それに伴いメモリの入換えも行い、メイン機は 128MB*3 から 512MB+128MB へ。検証機のメモリが減量した訳はそーゆーことだった訳です。気付いた方が居られたかは別として(笑)。

 

2002/4/10

 結局 4/26 からは本命クラスが続々と脱落していきましたねぇ...今月は来週にもう一本買うくらいで済みそうでしょうか? 油断は禁物ですか? そろそろ音楽の方の円盤の検証もやってみたいんですけどね...と思っていたら暫く電源入れて無かった CD-M2(MICRO 精機)が故障していたのは大変痛いですわ...

 

2002/4/9

 合衆国で BMG さんの傘下企業がプロモーション用の音楽ディスクにプロテクションの試験導入を行なうと発表しているようです(参考リンク)。BMG さんは以前リリースした CDS-*00 を採用した円盤を全て回収すると言う大失敗かましてますから、慎重にならざるを得ないのでしょうね。ただ、放送用の素材に使われるメディアに関しては「Avex社、再生録音機器発売会社3社へ一般消費者が電話で問い合わせた内容が聞けるURL」さん(http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/4468/) 2002/4/8 追加の参考資料に観られるように、プロテクト付きのメディアへは相当に強い反発が有るようです。さて、どう転ぶのでしょうか?

 それと、国内でも消費者センターへ働きかける動きが具体化しているようです => 「ニボシの奇妙な円盤」さん(http://members.tripod.co.jp/n_009/

 

2002/4/8

 昨日の愚痴を元に検証記事をまとめてみました。やはり...と言った感じです。

 

2002/4/7

 先月末に買っていた「日経 WinPC 2002/5」を読んでいましたら、Pioneer さんの技術者への取材が載っておりまして。興味深かったのは DVD-RW/CD-RW コンボドライブのメディア判別シーケンス。話のつい程度の簡単にしか触れられていないのですが、

「最初に DVD 用と CD 用、2つの波長の光を当ててみて、その振幅で DVD なのか CD なのかを判断します。次に記録されているかどうかを見ます。記録されていれば ROM、されていなければ R/RW と判断します(中略)メディアコードは最終的な確認のために読む程度ですね。あまりメディアコードに頼ってしまうと、ファームウェアがまだ認知していないメディアが入って来たときに、どうしようもなくなる可能性があります(後略)」

 とのことで、Pioneer さんのドライブは実際に記録面を読んでからメディアの最終判定を行なっているようです。この記事を読んでから「ダイモン」の事例を読むと何となく納得できるような気になります。

 もう一点気付いたこと。ウチの CDD4401(Philips)でリングがマウントできない事例では、リングが大体同じような位置に存在しています。

 スーチーパイ3

 Only you −リ・クルス−

 ざっとリングの直径を測ってみますと、スーチーパイ3が約 80mm、リ・クルスが約 81mm。そう、いわゆるシングル CD サイズです。このことから予想すると...

 

2002/4/6

 狙わずに買った新作で久々にプロテクトへ当りました。マウント不能のオマケ付きで。

 

2002/4/5

 ALICE-SOFT さんの System3.9 が更新され、その内容が

> Ver.5.33 -> Ver.5.34
> ★ユーザー向け
> ・CD-ROM上のファイルが無かった場合、別のCD-ROMドライブを検索するようにした。
> ・安定性向上

 とのことでしたので試しにちょっと確認してみましたが、どうやら既にリリース済みのタイトルでは効果が無いようです。残念。

 avex さんの銀色円盤について、クラリオンさんも動作保障しない旨発表しました(参考リンク)。主力商品であるカーステレオでの動作検証付きで発表されており、非常に参考になります。検証結果を観る限り DVD-ROM を読める機種が軒並みNGですね。2000 年や 2001 年の機種で読めないとの結果は深刻ではないでしょうか...

 

2002/4/4

 ここ暫くパソゲーの方はプロテクト含有率が非常に低く平和な日々が続いてました。平和...和平...と言う訳で(苦しい)、今週はスーチーパイ3を購入予定なんですが、さて、心安らかな日々は更新されるでしょうか?

 

2002/4/3

 avex さんの円盤は、ハードメーカが軒並み「無保証」の宣言を出してますが、KENWOOD さんも追随(参考リンク)。将来にわたってCD規格に合致しないディスクは保障しないとのことで、さて、カーステレオで結構なシェアを持つ同社の宣言は重いかもしれませんね。

 

2002/4/2

 avex さんが4月分の銀色円盤を発表しましたけど。懲りませんねぇ。

 で、ワーナー・ミュージックさんも6月に一枚出すとか。公式には採用プロテクトは決めてないと言ってますが、欧州での実績から CDS-*00 ではないかと思われます(日経 BP 社でははっきり CDS-200 と報道してますが)。

 期待するほどの効果は無いと思うんですけどね。で、再生機器だけが限定される罠。しかも特に CDS-*00 はハードメーカがこぞって無保証を表明しています。CD と言う規格の元に再生互換が保障されている市場に一部非互換の円盤持込んで、将来に禍根を残しますよ。CD と言う規格は最低でも後10年は残るでしょうから(と言いますか市場が CD 以上の規格を求めていませんしね)。

 

2002/4/1

 RUNE さんのサイトは復活してます。

 20時ごろから22時半ごろまで突発メンテ+回線実験してました。その間アクセスできなかった方はすみませんでした。ウチのネットワークはルータと内部プロキシの2段で遮断されているのですが、8Mbps 切替え後内部側が頻繁に DNS を見失うのでその原因の切り別けを行なっていました。実験の結果原因は回線ではなくプロキシ側に有るようですので、有効な対策見付けるまでちょくちょくメンテすると思います。予めご容赦下さい。

 

2002/3/31

 SafeDisc2.6 で DAEMON Tools 対策を強化されたと言われていますけど、これで誤爆率に変化が無ければ有効な誤爆対策の一つが潰された恰好になっているんですが、その辺はどうなんでしょうかね? ANGEL CORE(RUNE)での具体的な誤爆報告は今のところ入ってきていませんけど。その辺の検証が楽しそう(?)なんですが、誤爆ったときに以前のようなサポートなら受けるつもりもないので少し経ってから中古でもいいかなぁ、とか。旬は過ぎ去ってるかもしれませんが。それ以前に今月のアホみたいな発売本数から積極的に欲しく無い物へ資金を回す余裕は無いですか。そー言えば RUNE さんのサイトが現時点(13:30)で正常に表示されない状態になってますね。サーバトラブルでしょうか?

 

2002/3/30

 ANGEL CORE(RUNE)は初回起動時、独自にコードを作成し、それをチェックすることで次回以降の CD-ROM チェックをパスしているようですね。感覚的には Deep Fantasy(Selen)に近いでしょうか。或いは WindowsXP のアクティベーション(笑)。

 さて、誤爆とは違うのですが、先日「下天の光はすべて犯人」(artifact/ムー一座)を買って来ました。シリーズの1〜3までは前期型リングを採用していましたが、今回はノンプロテクトです。それは歓迎すべきことなんですが、インストーラにちょいと気になる部分が有りましたのでここで突っ込んでおきます。

 パッケージ写真。一応。

 CD-ROM をパソコンに挿入して初回にインストールを行なう訳ですが、その途中



 このような画面が表示されます。おなじみの画面なんですが、ここで「標準」以外を選択すると、例えば「コンパクト」ではインストール完了後音声、音楽が一切鳴りません。「カスタム」を選択すると次の選択肢でプログラム本体と音声ファイルのチェックボックスが表示されるのですが、実は両方ともチェックを外すことができ、その状態でインストールを完了すると起動不能に陥ります。双方ともアンインストールしてから「標準」で再インストールするしかありません。

 やる方もやる方だと突っ込まれそうですが、それでもこの場合は予め選択できないように設定しておくべきでしょう。インストーラ作成時に気付いて欲しい所です。

 

2002/3/29

 SafeDisc のリビジョンがまた上がって 2.6 になっているようですね。第一弾となった ANGEL CORE(RUNE)の現時点の報告を観る限り、仮想CD(特に DAEMON Tools 狙い撃ち?)対策を強化した模様で、DAEMON Tools が起動している状態では正規品 CD-ROM からも起動しない方が居られる様子。ANGEL CORE に関しては、初回起動後は2回目以降 CD-ROM チェックを行なっていないとの報告もあり、大変興味深い挙動を示しているようです。

 私としては以前から仮想CDが存在するだけで起動しないよーなプロテクトは「やり過ぎ」と評していますが、初回起動後にチェックしない実装の方はイメージのみの割れ物対策としては効果的、且つ正規ユーザの利便性を下げない意味でよろしいのでは無いでしょうか、と思います。あくまでも誤爆が無い前提ですけど。これが定期的チェックになると途端に「ウザいー」となる訳ですが(笑)。

 

2002/3/28

 ふと思ったこと。設定年齢18歳以上で「美少女」を冠するな。みたいな。

 

2002/3/27

 age さんが初回 20k 本限定で 4/26 発売予定だった「マブラヴ」を初回版を廃止し通常版と仕様を統一、それに伴い発売日を 6/28 へ延期する旨発表されてますね。初回が 20k 本限定との本数は各地で悲鳴や批判を浴びていたので妥当な決定だと思います。大激戦区となる 4/26 を大物がひとつ避けると言う意味でも?

 話は全く関係有りませんが、筋肉番付観てたらタイムレッド、ガオレッド、仮面ライダー G3 が出ててビックリ(笑)。

 

2002/3/26

 既にロットアップしたタイトルを廉価版で発売してみたり DVD-ROM でリリースし直してみたりするのは構わないと思うのですが、その間隔が余りに短いと逆効果になりはしませんか? と思わずにはいられなかったり。

 それと、再販の場合は既に開発費の回収は終了している(まー、多くの場合は、ですが)訳ですから、廉価版と銘打つなら中途半端な値付けでは効果が無い訳で、更には再販にも関らず価格メリットが無いようなら意味も無いなぁ、と思う次第。

 と、実例を出さずに述べてみたり。

 

2002/3/25

 一ヶ月でリリースされるタイトルを把握し冷静に吟味できる限界って、大体15本くらいじゃないでしょうか。週単位で10本も20本もリリースされる現状では、ユーザもショップもビッグネーム以外はその週だけで手一杯です。そんな状態でリピートが出ない、不正コピーのせいだ、中古のせいだ言われても。で、正規ユーザの使い勝手が低下するだけで他は何も変わらない状況が続く訳で。もっとも、今月のプロテクト含有率は低いので、その分他のところに目が行ってしまいますが...

 

2002/3/24

 R.A.N Software さんがリリースした「RainyBlue -refrain-」ですが、DVD-ROM の他に CD-ROM が付属する旨オフィシャルサイトの方で発表されています。内容を読むと DVD-ROM のマスタリングミスに最終段階で気付き、ミスした分を CD-ROM で再プレスしたと解釈しました。DVD-ROM を再マスタリングしてプレスし直すより CD-ROM を新規にマスタリングした方が納期的、又は費用的負担が少ないことを示す面白い(メーカに取っては面白いで片付けられる話では無いでしょうけど)事例ですね。

 尚、何故にこの話題を取上げたか言いますと、オリジナルの無印「RainyBlue」を所有しており、あまつさえパッケージのシュリンクを剥がしてもいない完全な積み状態だったからで、色んな意味で切ない話だなぁ、と。
 証拠。シュリンク+マップシール付き。CD-ROM 版。

 昨日紹介した
『Avex社、再生録音機器発売会社3社へ一般消費者が電話で問い合わせた内容が聞けるURL』
http://members12.tsukaeru.net/lark_u2/
 さんが上記の通りメインサイトを移動されたので貼り直しておきます。

 

2002/3/23

 このサイトをご覧になっている方はお判りかと思いますが、私は基本的に自分で実験してその結果を公開するスタンスを取っています。メーカへの問合わせやサポート依頼などはその過程で行なわれるもので、本来のものではありません。実験の対象と私が欲する物が合致すれば問題は無いのですが、実験対象としたい商品が往々にして私の「買わないポリシー」に抵触することが多く、なかなかにアンビバレンツ二律背反な運営となっています。当然、私とは異なるアプローチを取る方も居られ、それを否定するものではありませんし、頑張って頂きたいとも思います。

 そんな訳で、avex さんの銀色円盤について各社への問合わせを主体に公開されている
『Avex社、再生録音機器発売会社3社へ一般消費者が電話で問い合わせた内容が聞けるURL(再生もコピーも出来ちゃいます。怒)』
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/4468/
 さんがリンクフリー化と言うことで貼っておきます。

 

2002/3/22

 木下さんが提供下さっている BBS で盛上がった(?)キーディスク問題について、取敢えず1ページ作りました。こちらのサイトでは私の場合、意図的に歯に衣を着せていないのでその方面で反発を招き易いようですが、主張そのものに非は無いと思っていますけど、如何でしょう?

 

2002/3/21

 今月末とか来月末とか、これだけタイトルを集中されて、いくらなんでも財力には限界ってモンがある訳で。アタリショック...

 avex さんの銀色円盤について、ZDNN さんが弁護士の方にインタビューしています(参考リンク)。これは今回の件に限らずパソコンソフト等のプロテクト全般にも該当すると思いますので、取敢えず皆さん読んどいて下さい。必修(笑)。

 

2002/3/20

 昨日の Do As Infinity オフィシャルサイトさんで BBS が閉鎖された件は一部マスコミにも報道されてしまってますね(参考リンク)。「賛否両論」と表現することがありますが、この表現を使うとき、本当に賛否が等しく両論に別れている事例を観た記憶が無いのは、まぁそーゆーことなんでしょう。

 尚、同じ欄の記事にて、Microsoft さんが XBOX がディスクに傷を付けてもプレーには影響が無い旨改めて表明しているとのこと(参考リンク)。ユーザ心理としてはそれが問題では無いのだと気付いて無いのか敢えて逆撫でしているのか定かではありませんが、初動でこれだけ悪イメージ晒してしまった以上、挽回にかかる労力は並み大抵の物では無いでしょうね...

 

2002/3/19

 ハードメーカである松下(Panasonic)さんから avex さんの「銀色円盤」について公式見解が出されました(参考リンク)。全文を引用しますが、
----------
エイベックス社より発売されましたコピーコントロールCDは、現状CD規格に合致しない特殊ディスクであり、
当社としては、CD再生機器における再生の保証は致しかねます。
お客様のCD再生機器において、通常CDを用いての再生時には支障がないのに、この特殊ディスクを
用いての再生時にのみ支障がある場合、または、パソコンでの再生やリッピング(CDからHDDなどに保存)に
関する詳細については、発売元のエイベックス社にお問い合わせ戴くようお願いいたします。
----------
 とのことです。松下さんでは「特殊ディスク」と呼称することにし、自社製品での再生互換性を保障しないこととしたようです。No と言う意思表示と受け止めました。或いは傘下に強力な音楽レーベルを持たない松下さんだからこそこう言った宣言ができるのかもしれませんが、それはグループ内にハードメーカを持たない avex さんが「銀色円盤」を真っ先に導入できたことの裏返しなんでしょうね。

 また、プロテクトを施すことでそれをリッピングすることが改正著作権法に抵触するかどうかについては、既存の装置やソフトでリッピングが行なえる以上抵触しない、との見解が文化庁、及び avex さんから得られた旨報告も有りました。

 さて、今回採用された CDS-200 ですが、現状を観る限りこの方式で他社が追随するとは思えません。デメリットに対して得られるメリットが小さ過ぎる印象を拭えません。それはアーティスト側にとっても同様でしょう。明日予定で銀色円盤のベストを発売する Do As Infinity さんはオフィシャルサイトの BBS を今日付けで閉鎖することになってしまいました。アーティスト、ファン双方にとって不幸なことだと思います。

 

2002/3/18

 私は目的が達せられれば過程には頓着しない旨以前書きましたが、それは目的以外の機能が欠落していても余り気にしないことでもあります。

 例えば、私の持っているH”は外部 LED の一色が最初から発光しません。明らかな初期不良なんですが、通話機能には何の影響も無いので修理交換等の依頼を行っていません。

 ゲームソフトにおいてもマニュアルの落丁やケースの破損は幾度か経験していますが、これもゲームのプレーに支障がない限り苦情や対応を申入れたことはありません。ちなみに、ケース破損系で動作に支障がない範囲で最も重症だったのが
 コレ。

 CD ホルダの部分が半分ほど欠落しており、開封したら CD-ROM がケース内で踊ってました。幸い記録面にキズ等はありませんでしたけど。

 そんな私がこんなサイト立上げてまで文句垂れてるのは、プレーすらままならない、或いはユーザビリティが低下することに難色を示しているからで、逆に言えばこの部分に支障がなければ文句は無いのですよ。

 

2002/3/17

 著作権者にとってセキュアな規格はなかなか普及しません。DVD-Video にしても、起爆するまでに何年を要しましたか。PlayStation2 が DVD-Video の再生をサポートてしなかったら、恐らくはまだマイナー規格のままだった恐れすら有ります。そしてようやく起爆したと思ったらビデオを扱う規格としては既に容量不足を指摘される始末。音楽の方も、SACD や DVD-Audio は全く普及していません。それ以前に知ってる方すら少ない状態です。笛吹けど踊らず...そんな言葉が心にしみます。

 パソゲーの方へ目を転じますと、国内メーカは DVD-ROM への移行を働きかけています。洋ゲーが全くその気配を見せないのとは対照的です。容量不足と言うよりもセキュアなフォーマットが欲しい一心だと思うのですが、さて、ユーザは簡単に踊るのでしょうか? 深夜販売とかの現状を観ますに案外...?

 

2002/3/16

 ARTS さんの掲示板からの引用。

----------
「消費者を重視しない日本ゲーム市場」というのは、マイクロソフトを特定したことではない。いまだに何割かの日本のゲームメーカーの一部の人たちは、本当のところ消費者のことはあまり気にしていないように思える。というのは、ゲームメーカーにとってゲームを買ってもらうお客さんは、まずは流通問屋でありゲームショップでしかないからだ。直接ユーザーへの通販をしているところもあるし、場合によっては一部の返品を受け付けることもあるが、メーカーにとっては流通にとにかく押し込んで売ってさえしまえばそれでいい、そんな人たちがごく一部だが今も確実にゲーム業界に存在する。
----------

 例の傷問題に対するコメントですが、最近のMicrosoft さんに限らず多くのユーザ軽視の姿勢を見せ付けられているだけに説得力を感じます。ユーザに我慢して貰おう、なんて業界がよくも成り立っていける物だと。立ち行かなくなってきたらもっと我慢して貰おうなんて姿勢観てると、もうね、あ(以下略)。

 

2002/3/15

 増速は終了。サーバ側から観て上りは余り速くならないですね...リンクで 832Kbps、実測で 741.77kbps (92.72kB/sec)でした。それでも以前の 1.5 倍は出てますけど。

 

2002/3/14

 8Mbps モデムが届いたので先程まで接続替え、設定変更等行なっていました。その間アクセスされた方は申し訳ありませんでした。増速自体は明日予定ですので、現状速度に変化はありません。また明日昼間は増速工事に伴って落ちている可能性が有ります。また、接続や設定を抜本的に見直すこともあり得ますので週末いっぱい不安定かもしれません。ご容赦下さい。

 ...それ以前にこのページ、観えてるのかな? (笑)

 

2002/3/13

 ZDNN さんとこのサイトで 「CDS? あれはプロテクトじゃないです」――再び,コピーコント ロールCDを考える と言った記事が掲載されていますが...えーと、取材先はXXXXXxXさんでしょうか。CDS-x00 が禁じ手を使っているとの指摘には賛同しますが、EFM を変える手法を取り入れた御社プロテクションの誤爆問題を棚上げにはしないで頂きたいな、と。ええ。切実に。

 

2002/3/12

 明日発売予定の「音楽データを記録した、CD にそっくりな銀色のディスク(通称 CD まがい)」が今日から店頭に並んでいるようで、早速色々情報が乱れ飛んでいます。環境さえ整っていればリッピングは容易であるとか、既にリッピングされたデータが出回っているとか、一部のプレーヤでマウントできないとか。

 私は古今東西、プロテクションがその本来の目的で売上を大幅に伸ばした例を知りませんので、結局は正規の金額を払っているユーザがユーザビリティの低下や誤爆等のリスクだけを背負わされている現実を理解できない(しようとしていない)余りの頭の悪さには目を被いたくなります。海賊行為云々以前に、買ってくれたユーザが満足できる物で無ければ意味がありません。ユーザビリティを落として、誤爆リスクを背負わせてそれが得られるのか、30秒でいいから頭使って考えて下さい。私は頭の悪い行為は嫌いですが、それ以上に頭を使いもしないで垂れる主張には嫌悪すら覚えます。

 

20020311

 XBOX の記事公開した後微妙に悔しいツッコミ(笑)頂いたので、メジャになれなかったゲーム機2台突発公開コーナ。

・PC-Engine SG

 PC-Engine 上位互換強化機として投入されたものの、無意味な大きさと PC-Engine で主流になりつつあった CD-ROM2 ユニットとの接続性の悪さ、更には高価格が痛手となって鳴かず飛ばずで終わりましたねぇ。旧 CD-ROM2 ユニットとの接続パーツも持ってました。友人に SG ごと旧 CD-ROM2 ユニット譲ったので既に手元に有りませんが...ええ、この SG は2台目です。アホですか > 自分

・3DO TRY

 3DO の名は知っていても、互換ハードの存在は余り知られていないのでは無いでしょうか。そんな訳で、三洋電器製 3DO 互換機、TRY です。松下製の本家と異なりフロントローディングで、拙宅では上にサターンが載せられていました。いやもぉ、3DO 自体が泣かず飛ばずだったのに、その互換ハードですから更に...ウチでも殆どポリスノーツ(コナミ)専用機でした。あ、ストリートファイター2X(カプコン)も有りましたっけ。コントローラを分解してジョイスティックに改造してましたよ。

 さて、XBOX は勝ち組になれるのでしょうか。初動につまずいたので挽回は大変だと思いますけど。国内では。

 

2002/3/10

 「あの」田所広成氏が「有限会社アナログファクトリー」(暫定サイト)を立上げ、インディーズブランドとして21歳以上の制限つきでソフトの開発、販売を開始する旨発表しました。色々と意気込みは買えるのですが、その割には変にスキの多い印象を拭えません。もしかすると「ワザと」「敢えて」やっているのかもしれませんが、その辺の見極めも兼ねて暖かく見守りたいと思います。主義主張に賛同できる部分は多々有りますので、このサイト的に敵対することのないよう祈るばかりです(笑)。

 人様の HDD へこんなフォルダ掘ってくれるセンスを敵にまわしたく有りませんので。ええ。マジで。

 

2002/3/9

 と言う訳で、昨晩から今朝にかけて XBOX の傷つけ現象を検証していました。明らかに誤爆とは関係の無い話なので別カテゴリ化。と言っても、これ以上の追試は無いと思いますが。

 

2002/3/8

 ジレンマ。又は二律背反。

 ここで私自身がネタにする為には、まずもって正規ユーザとして糾弾する為に新品での購入が前提となりますが、私自身のポリシーとしてプロテクト付きはなるべく購入したく有りません。売上増としてカウントされるのを嫌うからです。そんなもの無くても欲しければ買ってますから。が、そうやって避けているとネタが増えません。サポートを受けるつもりなら尚更です。このサイトの存在意義が?

 もっとも、リング系や SafeDisc 系は拙宅での現象はほぼ固定化されてますので、あとはメーカ対応のレポートとなってしまうんですけどね。逆に言えば、サポートを受けるつもりが無い、或いは対応が解り切っているメーカの場合は中古でも構わんなぁ、と思い始めて観たり。

 いや、今月マジキツいんですよ。更新手数料込みで家賃2倍持ってかれてまして。ま、それ以前に今月の欲しいソフトにプロテクトかかっていなかったら杞憂に終わるので良いのですけどね。このサイトの存在意義が?

 話はガラッと変わって。

 NEC からお届け物が有りました。中身は

 コレ。ゴザールのミニリュック。ホントに中途半端な大きさです。

 BIGLOBE のポイントが溜まってたのでそのまま捨てるのも勿体ないなぁ、と応募してみたのですが、いや、自分で絶対に使わんと断言できる品物を受取っても扱いに困るもんだ、と実感した宵の口。

 

2002/3/7

 XBOX の傷の件は、Microsoft が無償修理+メディア交換を受付けると方針を転換したことで当面は収束に向かうのでしょうか。ただ、リコールでは無い、流通在庫の回収を行なわない、とのことで、まだ暫くは尾を引きそうです。新ハードの立上げ初期の致命傷になりかねない対応を改めたと言うことでしょうが、リコールや回収まで行なうと先行販売している合衆国にまで飛び火しかねません。今回の方針転換はその辺の妥協の産物といった感が拭えないのも正直なところです。ユーザが安心して買えるのか、販売店が安心して売れるのか、まだ微妙な所でしょう(参考リンク)。

 そもそも最初の Microsoft の誤りは、ディスクに傷がつくことを予め知っていたら購入しなかったであろうユーザに対してもサポートをしない、と言ってしまったことです。これは、かなり高い確率で消費者契約法に抵触し、保証規定に有る免責事項を無効とさせられる可能性が有ります。

 さて。ここで Microsoft を一部ソフトメーカ、ディスクに傷がつくをプロテクションが誤爆する、と置き換えてみましょうか。違和感が有りませんね(笑)。

 

2002/3/6

 XBOX でメディアに傷がつくと言う問題に対して、現時点で Microsoft さんは「自然現象」で不良では無いのでサポートを行なわない方針だそうです。avex さんも 3/13 に発売が迫っている「音楽データを記録した、CD にそっくりな銀色のディスク(通称 CD まがい)」で発生するであろうトラブルに対する対応をアナウンスしていません。

 正規に購入した、或いはこれから購入するであろうお客さんを何と考えてますか?

 「アナタみたいのはね、お客さんじゃないんですよ。クレーマって言うんですよ。クレーマ。」

 いや、何となく思い出したので。

 

2002/3/5

 昨日の RedBook を YellowBook に訂正+もう一日晒しの刑。つっこみ Thanks です。

 さて、おかげさまで訪問して下さる方も増え ADSL の上りの細さ+自鯖の貧弱さを実感することができて嬉しい悲鳴を上げています。FTP ポート叩きに来る方もたまーにいらっしゃいますが(^^;)。

 そんな訳で久しぶりに持論など。プロテクション問題の本質は、元々正規品とコピー品の間に確固たる差別化が行われていないことに端を発していると思っています。正規品ユーザにとっては正規の金額払っても、それに見合うだけのメリットを甘受できていないと言い換えてもいいです。その状態を改善することなくプロテクションを導入すれば、正規ユーザには更なる使い勝手の低下や誤爆リスクが付与されることになり、益々正規の金額を支払っているメリットが小さくなります。現状を観ればお判りのように、プロテクションを施す事で大幅な売上増やコピー品の流通がせき止められた状況にはなっていません。正規ユーザの甘受すべきメリットのみが失われている印象が拭えません。

 そこいら辺の部分をこのサイト訪れて頂く方に、立場を越えて考えて頂けたらなぁ、と思ったりしています。

 

2002/3/4

 CDS-200 を採用した音楽ディスクを今後

音楽データを記録した、CD にそっくりな銀色のディスク(通称 CD まがい)」

 と呼ぶことに賛同します。

 RedBook に準拠していない以上断じて「COMPACT DISC」ではありませんので(参考リンク)。一部のプロテクト CD-ROM も RedBook YellowBook 準拠に疑わしいキライがありますが、そちらは取敢えず保留して置きます。

 

2002/3/3

 えー、昨日の「出版ゾーニングマーク」。TECH GIAN 誌に付いてたのは
コレ。

 更にちなむと某成年誌に付いてた「成年」マークは
コッチ。

 成年マークがその物ズバリ(逆に言うと身も蓋もない)で非常に分かり易い反面、ゾーニングマークの方は一見して判り難い印象が有ります。このまま並列使用されるのか、ゾーニングマークの方へ集約されていくのか、取敢えず注目しておきましょうか。あ、投げやりっぽいですか? 私ゃ目的が達せられるなら過程や手段には耽溺しませんので。逆の行為は「頭悪い」と斬って捨てますが。

 

2002/3/2

 TECH GIAN 買って来たです。何気に「出版ゾーニングマーク」を初めて観たような気がします。「18歳未満」禁止の識別マークです。出版業界自主規制の。と言いますか都条例対応処置。従来の「成年」マークは成人向け、つまりは20歳以上向けと言う位置付けになるようです。まぁ、18禁ソフト取扱う雑誌ですから妥当な処置だとは思います。

 そこでふと思うのは、もしパソゲーに18禁以上のカテゴリが新設されたら? いや、実際にそんな動きがある訳ではありませんが、現在18禁言う割にはえらく窮屈に感じられます。本来は全体の規制を厳しくするのではなくカテゴライズを明確にし確実に実施することの方が重要なハズなんです。パッケージメディアにおいては。どーも、そう言った方向には中々流れません。儘ならない物です。

 

2002/3/1

 DVD+R の概要。現状のままリリースされるとすると、DVD-R for Authoring と同等の互換性を持たせられるようですね。後発規格ですから DVD-R for General に対して優位性を持たせなければ普及はしませんし。もっとも、DVD-ROM と再生互換を持ちメディアが潤沢に供給される規格なら、実は何でも構わないっちゃ構わないんですよね。別に DVD をコピーさせろ、なんて言う用途は(私には)ありませんので for General でも構いませんし、それができるなら Blu-ray Disc でもOKです。

 Blu-ray Disc と言えば、発表に参加しなかった東芝さんが微妙な発言をしています(参考リンク)。まだまだ紆余曲折が有りそうです。

 

2002/2/28

 あー、別のネタ用意してましたがせっかくなので。

 エイベックスがコピーコントロール付きCD発売を発表しました。コントロールってナニよ? と突っ込みたい気持ちがいっぱいですが。語感を柔らかくしたかったのでしょうか?

 それはともかく。発表から鑑みるに採用したプロテクトは恐らくは「CDS-200」、子番号で「.4」の付くバージョンではないかと。現物が出て来ないことには判らない部分もありますが、Macintosh で聴けないどころか、音跳びガード機能を持ったCDプレーヤ、PS2 等のゲーム機での再生もかなり厳しいと思われます。リッピングして MP3 等へ落とされる(そしてネット上で配布される)のを嫌っているのかもしれませんが、元々 MP3 へ落とした時点で音質は劣化します。だったらアナログ経由で録音してしまえば良いだけの話で、CD-R への直コピーくらいでしょうか? 効果が見込めるのは。トラブルのタネ抱えてまで採用する意義が見出し難いですね。

 第一に、普通の消費者の所有欲を刺激しません。欲しいですか? ワザワザ聴けないプレーヤのあるCDなんか。誤爆して聴けないユーザへ対しての救済処置がなんら発表されていませんし。報道する側も突っ込んで欲しい所ですが。自分で聞いた方が速いでしょうか。

 とは言え、今回発表されたCDは、恐らく実力以上に売れるのは間違い無いでしょう。国内で初めて「普通に手に入る」プロテクト音楽CDです。色々実験したい人、きっと居るでしょう? それも結構な数が。精々 2〜300 人くらいかもしれませんが(笑)。

 私も自分の物欲と合致したら購入と実験は厭わないんですが、いかんせん欲しく有りません。欲しく無いものはタダでも要らない、の自己ポリシーに則って見送る所存です。過去に「実験のためだけ」の名目で物を購入するときには、真面目に断腸の思いで買って来てますから。冗談抜き吐きそうなくらいに悩んで。そんな逡巡している様子を端から観たきっと恐いです。自己に無用のストレスかけてもいいこと無いので。ええ。

 

2002/2/27

 たまには毛色の違う話でも。

 ウチの現在の最速環境は AthlonXP1500+ なゲーム用機なんですが、正直、CPU パワーを使い切ることは滅多に有りません。そんな中、もっと速度が欲しいと思う数少ない用途に動画のエンコードがあります。ビデオキャプチャは昔ながらの MotionJPEG で取込んで編集、その後 TMPGEnc で MPEG にしたり適当なツールで AVI にしたりしてる訳ですが、この最後のエンコードが一番時間を食う訳で。K6-3 400MHz 使ってた頃は実時間の実に十数倍を要していましたが、それが Athlon700MHz で 5〜6 倍になり、今の AthlonXP1500+ で 2.5 倍くらいです。出力が MPEG1 だろうが MSMPEG4 だろうが、或いは DivX だろうが大体そんな時間で終わります。

 かつて MP3 へのエンコードが実時間を切るようになってから爆発的に普及しましたが、映像のエンコードも実時間を切るまでのゴールが観えて来ている印象です。まぁ、敷居が高く更に趣味性も高い分野ですから爆発的に広まるようなことはないでしょうけど(第一爆発的に広まるような用途って DVD をアレしてあーと言うよーなかなりブラックなものくらいしか思い付きませんし)、楽しみではあります。

 それにしても、最終出力を MPEG2 にしてますか? 容量対画質のバランスがどーにも取れてない印象が有りますし、気軽に観るには少々不便です。MPEG2 使うくらいなら MPEG1 に 3M くらい食わせた方が...って人なんですけどね、私。

 

2002/2/26

 アンケートについて。

 アンケートを行なった結果公表される数字に偽りは無いものとします。ところが、アンケートの設問自体に作為的なもの、或いは配慮不足があると、いくら数字自体が正しくともアンケートそのものが全く意味のないものになってしまいます。

 ...てな感じで昨晩遅くネタの電波を受信したのですが、この後5行ほど書いてどーにもオチが着けられそうに無いので放棄します。

 取敢えずアンケートってヤツは正しく行なわないと正しい結論を導き出す指針にはなりませんよってことで。

 

2002/2/25

 起こってしまった誤爆は仕方有りません。が、それをサポートすらしないと言うのは言語道断です。消費者保護基本法をよく読みましょう。特に第4条の2 > 該当メーカ

 尚、私は第5条に則って行動しています。

 ...一応念のため書いておきますが、ネタですから。マジに突っ込まれると泣きます。

 合衆国で行なわれていたプロテクト付き音楽CD訴訟の一つが和解したと報道されています(参考リンク)。和訳記事を読んでみると

「デリーズの弁護士によると、レコード会社は、ウェブで入力させていた個人情報 の追跡をやめ、個人情報が含まれるファイルを削除し、DVDプレーヤー、MP3プレ ーヤー、CD-ROMプレーヤーではこのCDを聴けない点を消費者に警告すること に同意したという。」

 とありますが...えーと、和解? 裁判で判決出るまで争ってもコレより悪い判決しか出ないと踏んだからレーベル側も応じたのだと思いますが...いや、国内でもこれくらいやってくれると逆に気持ちイイかもしれませんね
(おい)

 

2002/2/24

 DVD-ROM への移行について興味深いデータがデジクロで公開されています。2001/10/20〜2002/1/11 までの累計ポイントで「ELF ALL STARS 脱衣雀2」(elf)の DVD-ROM 版が約 30k、CD-ROM 版が約 25k。これは同時発売ではなく、DVD-ROM 版の方が一ヶ月先行発売されての結果です。ちなみにこのポイントは実売本数予測との面もありますので1ポイント=1本と換算して差し支えないと考えています(注)。

注:あくまでも予測値です。実際、6k 本限定と言われている「ベルせんせい〜」が 6k ポイントを少々越えていますし。

 ここで、DVD-ROM 版のみでも 30k 本売れるんだ、との見方もありますが、本来 55k 本売れる物が半分少々しか売れなかった、との見方もできます。CD-ROM 版も出るから、と DVD-ROM ドライブ持ってるのに待ちに入ったユーザも居ないとは思いませんが(私もその一人)、失礼ながらそれはかなり酔狂な部類のユーザ(笑)だと思われますし、現段階でのドライブの普及率を測る上で面白いです。この数字から色々勝手な予想や考察もできますしね。

 

2002/2/23

 プロテクト採用メーカは現状実質高誤爆率の SafeDisc2.5 か一社でしかプレスできない(プレス先の変更を伴う)後期型リングかの二択に迫られているようで、色々苦慮しているようです。例えばアクティブさんの場合、それまで採用していた SafeDisc2 を「ねがぽじファンディスク」で採用しなかったり(ノンプロテクト)、先日発売された「神音の森」では SafeDisc2.5 なもののフルインストール時に CD レスで起動できたり。

 私としても誤爆が無く正規ユーザの利便性を損なわなければプロテクトに反対する理由はありません。もっとも、プロテクトがプロテクトとして機能していないにも関らず採用することには「無駄」とか「頭悪い」とか進言(違)することになるでしょうけど。

 

2002/2/22

 無事出張から戻って来ました。色々ネタは有るのですが、非常に疲労困憊なので一点だけ。

 「妻みぐい」には「物理的なプロテクト」は使用していない旨、アリスソフトさんからお返事を頂いています。アリスブルーさんとは少々動きが異なるようです。そこから先はまだ判りませんが。採用メディアも含めてプレス先の選考余地が入りますから、商売上の理由で手の内を明かせない部分もあるでしょうし。

 

2002/2 までの愚痴

2001/12 までの愚痴 

2001/10 までの愚痴

 

 

 メーカの方へ。もし間違い、或いはサポート方法や技術的指導等ございましたら下記アドレスまでご連絡下さい。訂正させて頂きます。

 リンクとか一切の制限をしませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。

The person who wrote:凧

玄関へ