前のページに戻るにはブラウザの「戻る」を使用して下さい。

iPod 用に購入、使用したヘッドホンを適当にレビューしています。上から購入順です。


 第3世代 iPod に付属して来た純正ヘッドホンです。サイズ的に低音が弱いのは仕方ないとしても音質そのものは付属ヘッドホンとしては悪くありません。ただし、
・私がインナーイヤー型ヘッドホンを苦手としている(内耳がこり易い)
・装着感は決して良く無い
・パッドが容易に外れてしまう
 以上の点で一度の使用で使われなくなりました。


 ビクター HP-AL53。Be! ブランドのヘッドホンです。iPod 純正ヘッドホンが私に合わなかったので購入しました。本体の軽さと軟質フックデザインの秀逸さで長時間装着してもほとんど耳に負担が無く、半年以上これを使用していました。音質は解像感よりバランス型で中域を下から上まで無理なく出しています。不注意でプラグ部を破損してしまいリプレースすることになりました。オープンエア型のために音漏れも気になりましたし。


 audio-technica ATH-EQ3。audio-technica 耳掛け式の最廉価モデルだと思います。HP-AL53 破損時の緊急代替品として購入。まずフックがプラスチック製で薄く固く、装着感が非常に悪いです。音質も(価格を考えたら仕方ないかもしれませんが)上は良く出ていますが下が全く出ておらず長時間聴いていると聴き疲れしますし、装着感の悪さから耳もこるため、早々に使われなくなりました。自宅では密閉型ヘッドホンに audio-technica 製を使用していることもあり、高級タイプの使用感が気になるところではありますが...


 Pioneer SE-E33。耳掛け式では珍しく音漏れ対策を前面に出していたので購入。スピーカが内耳に近い構造のためボリュームを小さくでき、シリコン材による遮音構造との相乗効果で音漏れの軽減を狙ったのだと思われますが、期待したほど遮音性は高くありません。例えば iPod のボリューム五割程度で肩が触れ合うくらい隣席の知人に曲名を当てられる程度には音漏れします。もっとも、これまでのヘッドホンではボリュームを六割以上に上げていますから、そう言う意味での低減効果は確かにあります。問題は装着感で、ラバー素材のフックが基本的に可動しないので長時間の装着で耳が疲れます。軽さと多少ケーブルを引っ張った程度では耳から外れない安定性は評価できるのですが。音質は低音重視で上方向には余り伸びていない印象です。


 ビクター HP-AL500。耳掛け式では大柄な密閉型で、音質の向上と音漏れ対策を期待しての購入です。HP-AL53 の装着感が非常に良かったので同程度の装着感はあると思っていたのですが、開けてみたらフックがプラスチック製の固いタイプでイヤな予感が漂いました。案の定、装着感は本体の大きさと相まって安定感がなく屋外での使用では耳が痛くなります。遮音性も外音を殆ど遮断できず、結果的にボリュームを上げることになり音漏れ防止効果は殆どありません。ただし、大口径スピーカを採用したことによる音質向上効果は大きく低音から高音までこのクラスとしては良く出ており、静かな環境で聴く限りここに上げたヘッドホンの中ではもっとも高音質に感じます。


 SONY MDR-G94NC。ノイズキャンセラ付きネックバンド型。HP-AL500 が長時間の移動に耐えられる出来では無かったので急遽購入。ノイズキャンセラの ON/OFF に関らず音質は解像感や上下の延びに乏しく余り誉められたものではありません。しかし、例えば電車の中やデパートの雑踏の中でノイズキャンセラを ON したときの効果は絶大で、そう言った環境では細かな音質を語ること自体ナンセンスでもあり、雑音が軽減されることでボリュームが下げられ音漏れも小さくなり、車内や屋内では「使える」印象です。反面、屋外では風音をノイズキャンセラ用のマイクが拾ってしまい逆効果な面もあります。また、速い断続音では反応が遅れるため効果がありません。装着感に関しては、耳上部の一点でヘッドホンを支えることになるのでこの部分がすぐに痛くなります。電車内等の頭やヘッドホンを余り動かさない環境なら問題ありませんが、ノイズキャンセラの弱点も合わせて屋外歩行中の使用には耐えません。


まとめ

 ここに挙げた中では音質面で HP-AL500 が最も勝りますが、装着感その他で屋外や移動中の使用には耐えません。屋内での使用が主になるでしょう。MDR-G94NC はノイズキャンセラの効果が最も発揮できる電車での長距離移動に向きます。それ以外の短時間移動には SE-E33 を使うことになるでしょう。

 尚、ここに書いたことはあくまでも私の使用した範囲での印象であり、密着式のインナーイヤー型が使える方はまた評価が変わって来るでしょう。

 ...次は耳全体を覆う密閉型でしょうか(笑)。

玄関へ