前のページに戻るにはブラウザの「戻る」を使用して下さい。

・キーディスク2題(2002/3/22 作成)

 先日、ALICE-SOFT さんの「妻みぐい」を購入して来ました。購入金額 \2.5k+消費税、若干仕切値が高いようですが、希望価格自体が \2.8k と非常に廉価なため、ユーザには優しい、売る方には辛い、そんな価格設定になっています。ユーザとしては、こう言った方面での競争は大歓迎です。もっとも、仕様的にもそれなりのデファインが施されているので、このページで比較として登場させる elf さんの「あしたの雪之丞」辺りのタイトルと同列に扱うのは酷ですが。

(余談)とは言うものの、ねこねこソフトさんの「ねこねこファンディスク」が希望価格 \3.6k => 実売 \2.68k と、ほぼ同価格で購入できることを考えると、仕様的にもう少し競争の余地は有りそうです(笑)。逆に言うと、利益を出せる新作の実売価格としてはこの辺が下限であることも示していますが。

 

 さて「妻みぐい」ですが、実は事前の問合わせで ALICE-SOFT さんからは物理的なプロテクトは施していない旨の微妙なお返事を頂いていました。物理的では無い、何らかの処理は施しているのかな? とか思っていたところ、キーディスク処理が施されていました。ALICE-SOFT さんのタイトルはその多くが BGM として CD-DA を採用しており(リメイクや再販を除けば「守り神様」「ダークロウズ」が MIDI を使用するのみだったかと)、実質的にそれがキーディスクとして機能していました。本作も CD-DA を使用していますが、次回作が DVD-ROM を採用するとのことで CD-DA が使用できないため、そのためのテストも兼ねているのではないかと思っています。もっとも、その辺は確認をとった訳ではありませんのであくまでも私の想像です。

 そのキーディスクチェックの方法ですが、実はあまり誉められたものではありません。

 

 インストールを「Q:」ドライブから行なった後、CD-ROM を「T:」ドライブへ挿入しメニューを起動させたところです。

 

 この状態から起動させると上記メッセージを表示し、ゲームを起動させることができません。

 

 これはレジストリの上記部分にインストールしたドライブとパス情報を保持しているからで、つまりインストールを行なったドライブに CD-ROM が存在しないと起動できないことを意味します。ゲーム内から変更することはできません。この情報を別のドライブに変更するには、ALICE-SOFT さんのサポートの記載に従って一度アンインストールし、再インストールする必要があります。

 

 ちなみに、「妻みぐい」では上記メッセージを表示することもあります。これは指定した CD-DA 再生ドライブに CD-ROM が存在しないときに表示されるメッセージです。

 

 この場合は上記オプションから簡単に変更できます。

 

 更にこの情報はレジストリの上記部分に記録されています。

 さて、ここで双方のメッセージを見比べてみてみましょう。

「ゲームディスクをセットして下さい」
「ゲームCDがドライブに入っていません。
 CDを入れて、[OK]ボタンを押して下さい」

 ...私には同じ意味に読み取れます。ソフト側から観た役割や記録位置は異なるのでしょうけど、プレーヤ視点から観ると同じ情報を異なる方法で異なる位置に格納し、更にはその対処方法すら異なる、正直「なんだかなぁ」と言った処理を行っています。

 

 ここで比較対象として elf さんの「あしたの雪之丞」を持ち出してみます。選んだ条件はノンプロテクトでキーディスク。

 

 こちらはインストール後 CD-ROM 無しでスタートメニューから起動しようとするとインストールモードに関りなく上記メッセージを表示します。

 

 しかし、CD-ROM 自体はどのドライブに存在しても、ドライブに挿入さえしてあれば上記の通り起動します。拙宅のゲーム用パソコンには IDE で2台、SCSI で2台、計4台のドライブが接続されていますが、何れからも起動することを確認しました。

 

 ちなみに、レジストリを覗いてみるとインストールドライブ情報は一応記録されています。

 

 試しに一度アンインストールして別のドライブからインストールするとそのドライブに変わっています。

 つまり、システム側がこの情報に頼ることなく挿入されたゲームディスクを検索している訳で、ユーザビリティは確実にこの方が上でしょう。

(余談)それを言うとフルインスト時にはCDレスで起動したいところですが、取敢えずここではそれは棚上げします。

 

 もっとも、elf さんのシステムが磐石かと言うと、上記メッセージはアンインストール終了時に表示されるメッセージで、OK をクリックすると問答無用で Windows が再起動されます。状況によってはシャレにならないのでいい加減この仕様は改善して頂きたいところですが > elf さん

 

 とまぁ、そんな感じで、確かにノンプロテクトは正規ユーザの誤爆リスクを払拭できるので歓迎したいところですが、それと引き換えにユーザビリティが低下したのでは素直に受け入れることができません。他社さんが当たり前のように実現している仕様を実現していないのは、私に言わせれば手抜きです。取敢えず指摘はしておきましたので、次の対応を見守りたいと思います。

 

 

(余談)ALICE-SOFT さんのオフィシャルサイトで、インストール時にゲームディスクの挿入を促されるメッセージを表示されインストールできないと言った旨の質問が有りましたので、ちょっと実験して観ました。

 

 インストール時にディスクを抜いたり別のドライブに挿入して続行しようとすると、上記ダイヤログを表示します。ゲームディスクの挿入を促されるのはインストールが完了してレジストリに登録された後だと思われますので、もしかするとインストール自体は成功しているのかもしれませんね。

 

(更に余談)まー、正直なところレジストリの操作で解決できる問題なので、それができるユーザにとってはそっちの方がユーザビリティは高いと言えないこともないんですが(笑)。ただね、そー言った行為が、今は煩わしいだけで面白くもなんとも無いんですよ。自分は。セーブデータの解析とかが楽しかった時期もあったんですけどね。「妻みぐい」仕様に関しては、「CheckPach」の記述が「PlayCDDrive」のようにシステム側から可変できるようになれば文句は無いです。逆に elf さんみたくバイナリレベルやらダンプやらでいじらねばあー、みたいになるとかえって不便になりますし。それにしても、オフィシャルでこー言った話が公然とできていた時代が懐かしいです。

 

 

 

 メーカの方へ。もし間違い、或いはサポート方法や技術的指導等ございましたら下記アドレスまでご連絡下さい。訂正させて頂きます。

 リンクとか一切の制限をしませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。

The person who wrote:凧

玄関へ