前のページに戻るにはブラウザの「戻る」を使用して下さい。

・プロテクト誤爆検証試験

 さて、私一人の購入するソフトではサンプルに乏しいとの理由で、今回プロテクト採用ソフトを所有している方からソフトを「お借り」して誤爆検証試験を行いました。ソフトの貸し借りには HDD へのインストールを伴う関係でグレーなイメージがつきまといますが、私の所有するドライブの中から 1994 年以降製造のドライブ11台にてプロテクトに関するテストを行う為だけに敢えてお借りしました。ウソ書いても仕方有りませんし、このサイトでは全て事実を公表します。

 お借りしたソフトはテストした順番に

・凌辱看護婦学院(後期型リング)
・DEEP ZERO(前期型リング)
・BraveSoul(前期型リング)
・カードオブディステニー(後期型リング)
・るなシーズン(前期型リング)
・めいど いん ばにー(前期型?リング))
・さよならの微笑み2(後期型リング)
・犠妹(前期型リング))
・とってもフェロモン(後期型リング)
・二枚で看護しちゃうぞ(後期型リング)
・Pure(SafeDisc2)
・淫鬼の巣(SafeDisc2)

 の12タイトルです。


 テスト環境とテストの流れは以下。

環境1

CPU K75 Athlon700MHz(AMD)
M/B GA7VX(GIGABYTE)
MEM 128MB X3
VGA MarvelG400TV(Matrox)
NIC EthrExpress(INTEL)
S/C Xwave6000(YMF744-YAMAHA)
M/B South
 DiamondMax80 X3(Maxtor)各 60GB
Ultra100(PROMISE)
 UCR-412(KENWOOD)
 SD-M1402(東芝)
 CDD-4401(Philips)
IFC-WSP(MELCO)
 CRD-BP2(三洋)
 PX-32TS(Plextor)
 SD-M1401(東芝)
 CR-508-B(松下)
 CDR-H94S(三洋)
OS Windows98(SP1) not SE

環境2

CPU Celeron300AMHz(INTEL)
M/B FE22(Shuttle)
MEM 128MB
VGA i810E(INTEL)
NIC OnBoard
S/C OnBoard
M/B South
 DJNA(IBM)10GB
 CD-220EA(TEAC)
 DDU220E(SONY)
 HP9100+(HP)
OS Windows2000Pro(SP2)

 尚、リングプロテクトの10タイトルは PX-32TS(Plextor)、CDR-H94S(三洋)の2台での試験を行っていません。時間的な制約で省略させて頂きました。

テスト内容
1.UCR-412(KENWOOD)及び CD-220EA(TEAC)でインストール
2.各ドライブで起動確認 X5回
3.誤爆ったら再起動して再現性確認
4.起動したら序盤を1分程プレー
5.終了
6.アンインストール
7.ドライブ交換の際はシャットダウン


 では、テスト結果をテストした順番に記します。

 

・凌辱看護婦学院(後期型リング)

 CR-508-B(松下)にて3回目にエラーが発生しました。

 

 また、CDD-4401(Philips)にて認識できない現象が一度発生しました。それ以外も5回前後リトライしてようやく認識できると言った感じです。

 更に、キーディスクチェックと思われるチェック信号が絶えず発信されており、CRD-BP2(三洋)ではディスクのスピンダウン時にゲームが停止します。

 

・DEEP ZERO(前期型リング)

 UCR-412(KENWOOD)の初回挿入時に無応答で落ちました。

 

 CDD-4401(Philips)にて誤爆しました。

 

・BraveSoul(前期型リング)

 CDD-4401(Philips)にて誤爆しました。

 

・カードオブディステニー(後期型リング)

 UCR-412(KENWOOD)での初回起動時にこの状態で停止しました。また、完全にフリーズした為にスクリーンショットが撮れませんでしたが、CR-508-B(松下)で起動エラーが発生し、電源断しか受付けない状態になりました。

 

 CDD-4401(Philips)での認識不能が発生しました。認識時もリトライを繰り返します。

 

・るなシーズン(前期型リング)

 CDD-4401(Philips)で誤爆しました。

 

・めいど いん ばにー(前期型?リング)

 エラーは発生しませんでした。ただ、このソフトはリングをチェックしていないように思われますが...?

 

・さよならの微笑み2(後期型リング)

 CDD-4401(Philips)での認識不能が発生しました。不認識まで至ることは少ないですが、挿入時にリトライを繰り返します。同じ状態ですので上と同じスクリーンショットです。

 

・犠妹(前期型リング)

 CDD-4401(Philips)で誤爆します。

 

・とってもフェロモン(後期型リング)

 エラーは発生しませんでした。後期型リングで何も問題の無いタイトルはこれだけです。一度だけ CR-508-B(松下)にてリードエラーが発生しましたが復帰できました。以降再現していませんので問題なしとします。

 

・二枚で看護しちゃうぞ(後期型リング)

 CR-508-B(松下)にて初回挿入時に不正処理で落ちました。以降4回目の挿入でも再現しました。

 

・Pure(SafeDisc2)

 HP9100+(HP)と CR-508-B(松下)にて起動時この状態で停止することがありました。

 

 CDR-H94S(三洋)にて、この画面で停止する現象が一度有りました。また、他のドライブでは通常長くても10数秒でチェックが終わりますが、CDR-H94S(三洋)使用時は15秒〜1分50秒と、チェック時間に非常にバラツキが有ります。

 

・淫鬼の巣(SafeDisc2)

 HP9100+(HP)での起動時にこの画面で停止する現象が一度有りました。

 

 PX-32TS(Plextor)にて起動中に落ちました。再現性が有ります。

 


 以上、日数にして3日がかりのテストとなりました。軽くまとめますと、問題の無い組合せでは実に呆気なく動作するものの、相性の悪い組合せではほぼ同じエラーに遭遇すると言う当たり前の結果になりました。ただ、リングと SafeDisc2 で完全に傾向が異なっているのが厄介です。各々については以下に記します。

・前期型リング
 Philips ドライブと絶対的に相性が悪いです。確実に誤爆します。また、複数ドライブの環境をチェックプログラムが余り考慮していないらしく、SCSI や IDE 関係なく複数ドライブで起動、終了を繰り返しているとバスをロックしてしまいます。これは致命的だと思われます。更に、非常に質の悪いことに後期型リングをやはり起動終了繰り返した後に前期型リングのタイトルを挿入すると、同じようにバスをロックすることがあります。前期型リングのタイトルを起動する際には注意が必要でしょう。

・後期型リング
 リングそのものに起因するとは思えないのですが、やはり Philips ドライブとの相性が存在します。テストした後期型リング5タイトルの内3タイトルで CD-ROM そのものを認識できない現象が発生しています。また、リード性能の余り良く無いドライブではリードエラーを出すと復帰できずに落ちてしまうことが多いです。最悪リセットしか手段が無くなる場合も有りますので、ドライブの経年劣化には気をつけなければならないでしょう。

・SafeDisc2
 今回は2タイトルでの結果ですが、4倍速程度のドライブでは読込みに非常に時間がかかる場合があります。また、リード性能そのものよりも精度や回転の制御系に依存する傾向があります。元々リードの速い UCR-412(KENWOOD)では2〜3秒でチェックを通過しますが、ディスクのブレーキが遅い CDD-4401(Philips)では20秒近くかかります。一旦エラー出してもリトライに行くのは良いのですが、古いドライブではそのまま帰って来ないこともあります。ドライブのファームによってその組合せでエラーを起こすことも今回確認できました。PX-32TS(Plextor)と SD-M1401(東芝)の SCSI ドライブ同士を同時に使用していると PX-32TS(Plextor)側で落ちます。それと、DDU220E(SONY)ではエラーこそ出しませんがチェック時に非常に嫌な動作音をたてながら動いてます。気持ちの良い物ではありません。

 ...とまぁ、確かに敢えてエラーの起こりやすい環境を準備している側面は有るにしても、それにしても12タイトル中問題の無いタイトルが2つのみって現実は流石に酷いんでない? と言うのが正直なところです。

 今回のテスト用にソフトを快く貸して下さった方に感謝しつつ、お開きとさせて頂きます。

 


 おまけ。今回遭遇したスクリーンショットの撮れないエラー画面を撮影しました。

 例外06の青画面です。この画面が出るとリセットか電源断しか手段が有りません。

 

 強制終了待ちの青画面です。運が良ければ Windows に復帰できますが、そのままリセット押すしかない場合も多いです。

 

 CD-ROM のリードエラー。再読み込みに失敗すると不正処理エラー、フリーズ、リセットのコンボを食らうことも。

 

 参考までに。青画面でリセットした後に NortonDiskDoctor を走らせるとほぼ確実に遭遇するエラーです。これを放置すると FAT テーブルを破壊されかねないので実は結構危険なエラーです。通常は再起動時の SCANDISK で回復できるので神経質になる必要はないかもしれませんが。

 

 忘れてました。

 正規品でテストした証拠。

 

 後日談(2001/9/10)。

 テスト中に故障し分解された CDD-4401(Philips)初代。予備機で全てテスト取り直しているので結果に変更はありません。予備が無くなってしまいました。調子に乗って誤爆試験で酷使し過ぎたせいでしょうか。享年9ヶ月。合掌。

 

 

 メーカの方へ。もし間違い、或いはサポート方法や技術的指導等ございましたら下記アドレスまでご連絡下さい。訂正させて頂きます。

 リンクとか一切の制限をしませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。

The person who wrote:凧

玄関へ