前のページに戻るにはブラウザの「戻る」を使用して下さい。

・プロテクト誤爆検証試験その2

 さて、国内で流通しているゲーム、特に年齢制限付きゲームで採用されるプロテクトは、後期型リングか SafeDisc2 へ集約された感が有ります。後期型リングは相変わらずの低い誤爆率と実装の簡単さ、SafeDisc2 はその堅さを武器にしていますが、このサイトを開いてから寄せられる情報をまとめてみると、後期型リングはプレス時の品質へ非常に過敏に反応する、SafeDisc2 の誤爆率は改善の兆しが見られないと言った傾向が観られます。

 そんな折り、手持ちのプロテクトタイトルがなかなか増えない中で前回ソフトをお借りした方から再びお申し出が有り、比較的最近のソフトでのウチでの動作状況を検証する運びとなりました。

 お借りしたソフトはテストした順番に

・DeepFantasy(SafeDisc2)
・幽冥−カクリヨ−(SafeDisc2)
・尽くしてあげちゃう3(後期型リング)
・憑き(後期型リング)
・南国あばんちゅーる(後期型リング)

 の5タイトルです。

 お借りした CD-ROM たち。


 今回のテスト環境とテストの流れは以下。環境、テスト内容とも、前回とは少々異なります。

環境1

CPU K75 Athlon700MHz(AMD)
M/B GA7VX(GIGABYTE)
MEM 512MB
VGA All-In-Wonder128(ATi)
NIC EthrExpress(INTEL)
S/C SoundBlasterPCI(OnBord)
M/B South
 DiamondMax80 (Maxtor) 40GB
 DDU220E(SONY)
 SD-M1402(東芝)
 GD-3000(日立)
INIC-940(initio)
 PX-32TS(PLEXTOR)
 PXW-8220(PLEXTOR)
 CDRW-S4432(MELCO)
 CR-508-B(松下)
OS WindowsMe

環境2

CPU AthlonXP1500+(AMD)
M/B GA7VTXE(GIGABYTE)
MEM 512MB DDR
VGA RADEON LE Ultra(ATi)
NIC EthrExpress(INTEL)
S/C Xwave6000(YMF744-YAMAHA)
M/B South
 ST380020(Seagate) 80GB
 DiamondMax80 X3(Maxtor)各 60GB
Ultra100(PROMISE)
 UCR-412(KENWOOD)
 CDD-4401(Philips)
IFC-WSP(MELCO)
 CRD-BP2(三洋)
 SD-M1401(東芝)
OS Windows98SE

 ドライブの選定基準は「20倍速以上」です。前回一部で古過ぎると言った声のあった4倍速クラスは除外しました。とは言え、その古過ぎるドライブもメーカの提示する動作環境に入ってることが多いのも事実なんですよね。

テスト内容
1.各ドライブでインストール
2.起動確認 X5回(後期型リングは時間も計測)
3.アンインストール
4.再起動

 尚、環境1の PX-32TS(PLEXTOR)では、全ての SCSI 機器を接続した状態で後期型リングのメディアを正常に認識できない為、これのみ単独接続で試験を行っています。


 では、テスト結果をテストした順番に記します。

 

・DeepFantasy(SafeDisc2)

 インストールに問題はありませんでした。

 各ドライブからの起動では、最初に行なう認証で CDRW-S4432(MELCO)での起動時に上記画面でフリーズしました。これはフリーズしたときの画面です。フリーズしてから外付け CDRW-S4432 の電源を落とすと取敢えずマウスカーソルは動くようになるので、その時にスクリーンショット取得、セーブしてからリセットボタンで再起動、と言った流れです。

 メーカサイトで配布されているスピードアップキットを導入するとフリーズせずに ID 番号の入力画面に辿り着けました。それ以降の、ゲーム本体の起動には問題有りませんでした。スピードアップキットを適用すると SafeDisc2 チェックを行なわなくなるようです。

  

・幽冥−カクリヨ−(SafeDisc2)

 インストールに問題はありませんでした。

 Autorun でこの画面表示後に起動ボタンを押します。

 

 CDRW-S4432(MELCO)での起動中に、上記表示中にフリーズしました。マウスカーソルも動きません。DeepFantasy の時と同様、CDRW-S4432 の電源を落とすことでスクリーンショットを取得、リセットボタンです。

 2001/12/15 現在、このドライブを使う場合のフリーズへの回避方法はありません。この現象を確認した時点(2001/12/10)でメーカさんの方にはメールで情報を提供済みです。

 

・尽くしてあげちゃう3(後期型リング)

 インストールには問題ありませんでした。尚、インストールディスクにはリングは施されていません。

 各ドライブからの起動では、CDRW-S4432(MELCO)において2回、PX-32TS(PLEXTOR)で1回、正常にメディアを認識できませんでした。

 

 尚、他の SCSI 機器が接続されている状態で本タイトルのゲームディスクを PX-32TS へ挿入すると、上記メッセージを表示して起動することができません。

 

・憑き(後期型リング)

 各ドライブからのインストールでは、CR-508-B(松下)でのインストール中に上記画面でリトライを発生し、インストールすることができませんでした。2度試みましたが、何れも上記画面のところでドライブがリトライします。

 インストールが完了している状態からの起動は、全てのドライブで起動できました。

 

・南国あばんちゅーる(後期型リング)

 インストールに問題はありませんでした。尚、インストールディスクにはリングは施されていません。

 各ドライブからの起動では、CDD-4401(Philips)で2回、CR-508-B(松下)で1回、CDRW-S4432(MELCO)では実に4回、正常に認識することができませんでした。

 

 この画面は CR-508-B(松下)で認識できなかった直後のものです。SCSI デバイスがキレイサッパリ消えてしまっています。しかも、普通にシャットダウン、起動しただけでは SCSI を再認識することができず、シャットダウン後、本体の電源を数分間引っこ抜いての再起動でようやく SCSI 機器を再認識させることができました。

 SCSI 機器が消える現象は、Only you−リ・クルス−のインストールで同様の報告を下さった方が居ます。スリリングです。

 


 今回は、後期型リングのタイトルに限り、その認識にかかる時間も測定しています。

尽くしてあげちゃう3  憑 き  南国あばんちゅーる
CDRW-S4432(MELCO) 36
42 62
61 53
36 24
60 47
PXW-8220(PLEXTOR) 25 16 30
66 13 35
34 59 28
47 13 55
36 17 23
PX-32TS(PLEXTOR) 68 15 93
15 96
78 70 101
93 14 81
75 17 83
CR-508-B(松下) 18 34 17
13 35 32
18 27 10
18 18 43
10 33 X(SCSI 消滅)
GD3000(日立) 34 45 37
14 42 12
14 11 10
13 12 42
8 11 11
SD-M1402(東芝) 34 29 32
33 11 46
34 40 40
34 51 52
34 11 40
DDU220E(SONY) 16 15 37
34 35 10
30 40 25
33 40 37
24 35 42
SD-M1401(東芝) 14 20 19
18 33 33
26 23 28
28 29 24
24 19 27
CRD-BP2(三洋) 20 28 18
33 31 32
17 23 38
33 32 38
27 28 33
CDD-4401(Philips) 30 21 21
34 17
39 42 35
43 31 35
44 41
UCR-412(KENWOOD) 33 22 23
13 22 13
23 13 18
23 17 33
14 26 38

 単位は「秒」です。ドライブのボタンを押してから Autorun でメニューが表示されるまでの時間を計っています。120 秒以上無応答か、ドライブが異様なリトライを60秒繰り返す場合に認識不能()と判定しています。また、60秒以上を要した場合は黄色で、30秒以上は緑色で現してあります。

 


 今回は5タイトルですが、平日に試験を行なったこともあり、5日がかりの試験となりました。

 まずハッキリしたのは、SafeDisc2 は CDRW-S4432(MELCO)では起動できない(フリーズする)と言うことです。現状での回避策は、SafeDisc2 によるチェックを行なわないファイルをメーカから提供して貰うしかありません。

 後期型リングも確実に相性の悪いドライブが存在すると言うことが、実際に不認識が発生する+各ドライブでの認識にかかる時間を鑑みることで観て取ることができます。面白いのは、タイトルによって若干のブレがある所でしょう。CD-ROM としての品質は、南国〜 < 尽くして3 < 憑き と言ったところでしょうか。とは言え、憑きもインストールに失敗するドライブがありました。

 ドライブ側の傾向としては、PLEXTOR、Philips ドライブが弱い印象です。特に PX-32TS は、松下、TEAC ドライブが SCSI の同一バス上に存在するとリングが、東芝ドライブがあると SafeDisc2 が極端に読めなくなります。ただ、それ以前にリング自身、 SCSI との相性が余り良く無い印象もあります。今回、南国〜の起動中に SCSI デバイスが丸ごと見えなくなったのには驚きました。後期型リングもまだ枯れていないのだと思われます。

 さて、今回も快くソフトをお貸し頂けました。ありがとうございます。月曜日の夜に到着して検証を行ない金曜日の夜に返送しましたので既に追試は行なえません。ご了承下さい。

 

 メーカの方へ。もし間違い、或いはサポート方法や技術的指導等ございましたら下記アドレスまでご連絡下さい。訂正させて頂きます。

 リンクとか一切の制限をしませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。

The person who wrote:凧

玄関へ