前のページに戻るにはブラウザの「戻る」を使用して下さい。

・プロテクト誤爆検証試験その6

 6回目です。従来の誤爆検証ではなるべく誤爆しない環境を用意してそれでも誤爆することを実証していましたが、今回は少し趣向を換えて何気なくやってしまいそうな誤爆要因を加えています。詳しくは環境の方で。尚、例によって6タイトルは検証のためだけに購入した方からお借りしたものです。ありがとうございました。

 今回お借りしたソフトは以下の6タイトルです。

・ヨリドリ(Alpha-ROM)
・ショコラ - maid cafe "curio"-(SafeDisc2.8)2.80.010
・ドーターメーカー(SafeDisc2.6)2.60.052
・青い涙(SafeDisc2.6)2.60.052
・女の子のヒミツ(ProRing)
・ジュエルナイツクルセイダーズ(ProRing)

 お借りしたディスクたち。


 今回のテスト環境とテスト方法。

環境

CPU K75 Athlon700MHz(AMD)
M/B GA7VX(GIGABYTE)
MEM 256MB
VGA Marvel G400(Matrox)
NIC EthrExpress(INTEL)
S/C SoundBlasterPCI(OnBord)
M/B South
 DiamondMax (Maxtor) 60GB
 DDU220E(SONY)
 CDD4401(Philips)
Ultra66(Promise)
 LTR-32123S(LITE-ON)
AHA-2940AU(Adaptec)
 CR-508-B(松下)
 DVD-TX10T(IO DATA)
 CDRW-S4432(MELCO)
 HP-9100+(HP)*IO-DATA ATAPI-SCSI 変換アダプタ使用
 PXW-8220(PLEXTOR)
 PX-32TS(PLEXTOR)
USB(OnBord)
 CDRW-i64/USB(IO DATA)
 GD3000(日立)*IO-DATA ATAPI-USB 変換(iCONNECT)使用
IEEE1394(VIA)
 CRW8824IX(YAMAHA)
 SD-M1402(東芝)*VertexLink ATAPI-IEEE1394 変換使用

OS WindowsMe


追加常駐ソフト
 PowerDesk(Matrox):デスクトップユーティリティ
 PlextorManager2000(PLEXTOR):ディスクユーティリティ

補足1:LTR-32123S を Ultra66 へ接続していますが、Ultra66 は CD-ROM ドライブの接続を保証していません。
補足2:PlextorManager2000 の動作には Adaptec ASPI レイヤーの新しいバージョンを必要とするため、 Version4.71 をインストールしています。

 

テスト内容
1.各タイトルのインストール、起動の確認
3.アンインストールし再起動
4.各々のドライブ、タイトルで2〜3を繰返し


 以下に検証結果を掲載します。

 

・ヨリドリ(EXTRY)

 Alpha-ROM Ver3.0

 

 LTR-32123S、DDU220E、及び CDD4401 において、上記メッセージを表示してインストーラを起動することができませんでした。

 

 CRW8824IX では、インストーラ起動時にセットアップが停止します。そのままバスをロックしてしまいパソコン自体がフリーズしてしまうので、強制的に電源を落とすしか方法がありません。

 

 CDRW-i64/USB では、ディスクを認識することができませんでした。Autorun が有効だったり、Autorun が無効でもディスクを挿入してからドライブにアクセスするとディスクを読みに行ったままパソコンがフリーズします。大変に危険です。

 尚、本タイトルはインストーラ起動時のみ Alpha-ROM によるディスクチェックを行ないます。インストール後はディスクレスで起動可能で、誤爆は発生しません。

 

 

・ショコラ - maid cafe "curio"(戯画)

 SafeDisc v2.80.010

 


 

 LTR-32123S、DDU220E、及び CDRW-S4432 において、上記の通り起動することができませんでした。バスをロックするので強制電源断しか方法がありません。

 

 HP9100+ では上記メッセージを表示して起動することができませんでした。

 

 

・ドーターメーカー(ふぉ〜ちゅん)

 SafeDisc v2.60.052

 

 LTR-32123S、DDU220E、及び CDRW-S4432 において、上記の通り起動することができませんでした。バスをロックするので強制電源断しか方法がありません。ちなみに、画像右下の白い四角はチェック中を示すスプラッシュウィンドウです。

 

 HP9100+ では上記メッセージを表示して起動することができませんでした。

 尚、本タイトルはインストールディスクの起動メニューやスタートメニューから起動を試みるとゲームディスクの存在しかチェックを行なわず、Autorun を無効にしていれば SafeDisc2.6 のチェックをスキップすることが可能です。

 

 

・青い涙(CDPA)

 SafeDisc v2.60.052

 





 LTR-32123S、DDU220E、及び CDRW-S4432 において、インストール中にゲームディスク(ディスク3)へ入替えたところ Autorun で SafeDisc2.6 のチェックが走ってしまいバスをロック、インストールに失敗します。強制電源断しか方法がなく、しかも HDD への書込み途中でパソコンが停止するため大変危険です。幾度か試みましたが、Autorun を無効にした状態でインストールしなければ前述のドライブではインストールすることができませんでした。必ずディスク交換が発生するのにインストーラ側で何故無効化していないのか理解に苦しみます。ディスク2への入換え時にもメニューを起動しようとしますし... <= Disc2 にはメニューが無い、との情報を頂きました。私のメモの間違いの可能性がありますが、既に手元に無いので追試ができません(^^;)。取敢えず消しておきます。情報ありがとうございました。m(__)m

 

 HP9100+ では上記メッセージを表示しますがインストールは可能です。ただし起動することができませんでした。

 

 起動時のエラーメッセージはこんな感じです。

 

 

・女の子のヒミツ(闇雲通信)

 ProRing
 リング直径:約 68mm
 ガードバンドファイルサイズ:101MB

 

 ゲームディスク挿入時に CDD4401 にて数回のリトライを行ないますが、認識、起動とも可能です。

 

 

・ジュエルナイツクルセイダーズ( ZEROCOOL)

 ProRing
 リング直径:約 68mm
 ガードバンドファイルサイズ:102MB

 

 CDD4401 にてゲームディスク挿入時に数回のリトライを行ないますが、認識、起動とも可能です。

 尚、直接の関係は無いと思いますが、LTR-32123S にてゲーム起動、終了時にブルー画面に落ちてしまい、再起動後に IEEE1394 に接続されたドライブがシステム上から消失してしまいました。全ての電源をコンセントから落として復活しましたが、リング系では稀にドライブ消失が発生するので気になります。再現性はありません。

 

 


誤爆させ易い要因

 今回の検証ではある程度誤爆を起こし易い要因として拡張 IDE カードの増設と ASPI レイヤーのバージョンアップを行った環境で検証を実施しています。これらの関係を以下の表にまとめてみます。

Alpha-ROM3.0 SafeDisc2.x ProRing
プレーン Ultra 66 ASPI プレーン Ultra66 ASPI プレーン Ultra66 ASPI
DDU220E(SONY)  OK NG NG OK NG NG OK OK OK
CDD4401(Philips) OK NG NG OK NG OK OK? OK? OK?
LTR-32123S(LITE-ON) OK NG OK OK NG OK OK OK OK
CR-508-B(松下)AHA-2940AU 接続 OK OK OK OK OK OK
DVD-TX10T(IO DATA)AHA-2940AU 接続 OK OK OK OK OK OK
CDRW-S4432(MELCO)AHA-2940AU 接続 OK OK NG NG OK? OK?
HP-9100+(HP)AHA-2940AU 接続
IO-DATA ATAPI-SCSI 変換
OK OK NG NG OK OK
PXW-8220(PLEXTOR)AHA-2940AU 接続 OK OK OK OK OK OK
PX-32TS(PLEXTOR)AHA-2940AU 接続 OK OK OK OK OK OK
CDRW-i64/USB(IO DATA)USB 接続 NG NG OK OK OK OK
GD3000(日立)USB 接続
IO-DATA ATAPI-USB 変換
OK OK OK OK OK OK
CRW8824IX(YAMAHA)IEEE1394 接続 NG NG OK OK OK OK
SD-M1402(東芝)IEEE1394 接続
VertexLink ATAPI-IEEE1394 変換
OK OK OK OK OK OK

 環境の方でも書きましたが、Ultra66 は CD-ROM の接続を保証していません(Ultra100 以降は保証していますが)。従って動作しなくても仕方がないとは言えますが、ProRing の優秀さは特筆すべきでしょう。

 ASPI レイヤーをバージョンアップすると ATAPI 接続のドライブで Alpha-ROM が動作不能になります。これは Windows9x の環境で、Alpha-ROM が ASPI レイヤーのバージョンへ過度に依存している傾向が観て取れます。SafeDisc2.x が一部のドライブで動作しなくなったのは意外でした。アプリケーションによっては ASPI レイヤーを更新せねば動作しないものもありますから、これが原因で誤爆するとなると厄介です。

 


まとめ

 今回の検証で最も時間を要したのは「青い涙」でした。誤爆でインストール途中(しかもディスク3枚め)で失敗するため、全てのドライブでそれを確認せねばなりませんでした。最近採用が相次いでいる Alpha-ROM ですが、ある程度のドライブ依存に加え Win9x 環境では ASPI レイヤーのバージョンにも依存します。逆に ProRing は誤爆率がいよいよ問題無いレベルまで落ちてきたのでは? と思わせる今回の結果です。以前から書いていますが、ProRing はリングの位置に誤動作要因が潜んでいると思われます。今回検証した ProRing 2本は何れも同じような位置にリングが施されており、その辺のノウハウが活かされているのだろうか、と思わせてくれます。

 さて、今回の検証はモチベーションの維持に苦労しました。公開が遅くなって申し訳ありません。では、次の機会がありましたら、また。

 

 メーカの方へ。もし間違い、或いはサポート方法や技術的指導等ございましたら下記アドレスまでご連絡下さい。訂正させて頂きます。

 リンクとか一切の制限をしませんのでご自由に。尚、ADSL による自鯖ですので、落ちていたらご容赦下さい。

The person who wrote:凧

玄関へ